終活の不安にワンストップでサポートします
  • 通話・相談無料
  • 24時間365日対応

葬儀・法要での香典の費用相場、包み方、渡し方のマナーなど気になる疑問点を解説!

葬儀・法要での香典の費用相場、包み方、渡し方のマナーなど気になる疑問点を解説!
  • 2021年09月14日

葬儀や法要で香典を持参するにあたり気を付けなければいけないことがいくつかあります。例を挙げますと、故人との関係による費用相場、香典袋の表書きの書き方、宗教ごとに異なる香典袋や渡す際のマナーなど多岐に渡ります。

今回は知ってるようで知らない「香典」について詳しく解説している記事をまとめましたので、ぜひご一読のうえご活用ください。

香典袋ってどういうもの?意味や使い方まとめ

香典袋は宗教や宗派、また地域独自の風習などによっていろいろな種類や形式が存在しています。訃報の連絡があった場合には、慌てることなくどのような形式や水引の香典袋を用意すればよいかしっかり調べた上で準備することが大切です。

本記事では、香典袋の意味や種類、表書きの書き方・お金の入れ方・渡し方・渡す際の注意点などについて詳しく説明します。
また宗教・宗派にこだわることなく広く使用できる香典袋についても触れてみます。

香典の入れ方には決まりがある!ルールやマナーを紹介

お通夜や告別式に参列する際には亡くなった方への気持ちとして香典を持参しますが、この香典はただ香典袋にお札を入れておけば良いというものではありません。

香典には、香典袋へのお札の入れ方や書き方、持っていくときの作法など、気を付けた方が良いポイントがいくつもあります。

本記事では知っているようで知らない、お通夜や告別式の際に持参する香典について、入れ方のマナーを詳しくご紹介していきます。
参考にしつつ、必要な際はきちんとマナーを守った行動をしましょう。

香典を郵送する時のマナーや、一緒に添える手紙の例文

香典は葬儀の際に持参するのが基本ですが、事情があって参列できず、手渡しできない場合もあるでしょう。その場合、香典は郵送することになります。郵送する際には一体どのような点に気をつけなければならないのでしょうか。

葬儀は参列する機会がそうあるものではないため、特別な作法など注意すべき点が多々あります。本記事では、香典を郵送する際に注意したいマナーと、一緒に添える手紙の例文を紹介します。香典を郵送する際は、ぜひ参考にしてください。

法事の香典(不祝儀)の金額相場と香典袋の書き方について

法事・法要に招かれた場合に必要になるのが「香典」です。おそらく持参しない方はいらっしゃらないと思います。
しかし、初めて法事に招かれた方はどの位の金額を包めばよいのか?香典袋はどうするのか?夫婦そろって参加する場合はどうするのか?各宗教・宗派により香典について異なる作法があるのか?

疑問は尽きないものと思います。本記事では香典の準備で、マナー違反にならない作法・金額等について説明します。

宗派によって違う?香典袋の書き方を教えて!

香典袋を書くときにぜひチェックしておきたいのが、先方の宗派です。
香典袋の書き方は1通りではなく、相応しいスタイルは宗派によって変わってきます。弔問に出向くときには、失礼にならないようにマナーを守る必要があるでしょう。

香典袋はどの宗派でも必要になりますので、日頃から書き方を覚えておくと安心です。本記事では、香典袋の書き方について幾つかの宗派を取り上げてご紹介していきます。具体的な書き方を、順を追って見ていきましょう。

香典の金額相場、香典袋の書き方・渡し方やマナーまで徹底解説

香典は通夜か葬儀・告別式に持参します。香典には本来、故人の遺族を経済的に助けるという意味があり、様々な決まり事があります。

香典袋(不祝儀袋)の種類、書き方、香典の渡し方、金額、お金の入れ方など、葬儀・香典のマナーを知らないと失礼にあたることもあります。

本記事では、葬儀・お葬式の香典のマナーに関する決まり事のポイントや香典の金額相場について解説いたします。

葬儀で香典辞退と言われたらどうする?供え物や供花は送る?家族葬の時は?

香典は、故人やご遺族の方に対しての弔意(ちょうい)と葬儀にかかる費用を負担する意味を持っています。しかし、近年、葬儀の形の変化とともに、家族葬などが増え、香典や供物を辞退されるケースが多くなってきています。

実際に香典を辞退された場合、本当に持参しなくて良いものなのか、悩んでしまうことがあるかと思います。本記事では、実際に香典を辞退された場合の対処について、詳しく説明をしていきます。

一周忌に渡す香典!相場やマナーはどうなっている?

故人が亡くなった日から満1年の命日には一周忌の法要を行います。
この時、参列者は香典を持って行くことになりますが、葬儀とは異なるため、細かいマナーや相場などがよくわからないという人も少なくありません。

そこで、本記事では、香典の相場や表書きなどの書き方、水引の選び方といった、一周忌の香典に関する注意すべきポイントをご紹介していきます。遺族にも失礼のないように、きちんとマナーを守って一周忌に参列しましょう。

三回忌の香典はどうすべき?書き方のマナーをレクチャー!

仏教では、故人が亡くなって通夜や告別式が行われた後、故人を偲んで弔うために何年にもわたって法要を行います。
そのうちの1つ、三回忌とはどんな法事なのかを説明します。特に、三回忌の香典について詳しく述べます。

本記事を読めば、三回忌に参列する際に多くの方が気になるであろう香典の金額や、香典の表書きの書き方などを理解できます。
さらには、仏教以外の宗教における三回忌の法事の相違点や注意点にも触れます。宗教ごとに異なるマナーがあるので、どの宗教の三回忌なのかを十分に確認しなければなりません。

香典の書き方やお供えものの渡し方まで含め、三回忌のマナーをしっかりと知っておきましょう。

十三回忌とは?服装や香典などのマナーやお供えについて

十三回忌は大事な回忌法要の1つとなります。既に49日をはじめ、一回忌、三回忌、七回忌と行ってきてはいるものの6年の間が空いてしまうため回忌法要の仕方を忘れてしまっている方も多いかもしれません。

また、それまでの回忌法要とは異なる点も存在しています。本記事では、十三回忌とは何か、その服装や香典などのマナー、お供えについて解説します。

十七回忌とは?服装や香典のマナーについて知っておきたいこと

故人が亡くなってから、年ごとに行われるのが年忌法要です。何年かごとに行われますが、この中の1つに十七回忌があります。
この十七回忌を行う際、または十七回忌に出席する際は、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか。

本記事では、十七回忌における服装、香典、お供えといったマナー面や、その後の法要などについて詳しく解説します。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (2 投票, 平均: 5.00 / 5)
読み込み中...

記事の制作・編集株式会社よりそう

よりそうは、お葬式やお坊さんのお手配、仏壇・仏具の販売など、お客さまの理想の旅立ちをサポートする会社です。

運営会社についてはこちら

※提供情報の真実性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。特に宗教や地域ごとの習慣によって考え方や対応方法が異なることがございます。

お葬式の準備がまだの方

初心者でも安心 はじめてのお葬式に
役立つ資料プレゼント!

  • 費用と流れ
  • 葬儀場情報
  • 喪主の役割
パンフレット一式

記事カテゴリ

お葬式費用が最大7.7万税込お得※1

無料相談ダイヤル

スタッフ接客満足度No1※2

些細と思われることでもお気軽にお電話ください

0120-541-694
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ●※1 資料請求(会員登録)+事前・式後アンケート割引適用額
  • ●※2 2019年 葬儀手配サービス調査より 調査協力:(株)クロス・マーケティング

詳しい資料をお届け

お葬式プランや流れの詳細、近隣の葬儀場情報

ご家族とのご検討でご利用ください

資料を請求する無料かんたん入力45秒

  • 同時に会員登録され、3つの割引制度【最大7.7万円(税込)引き】を利用できます。

お葬式の準備をする

事前準備を行っておくと、万が一の際に慌てず安心で、さらに費用を抑えられます。

【5つの会員特典】よりそう会員(無料)になる

  • 1最大7.7万円割引(税込)
  • 2お葬式の詳細がわかる詳しい資料
  • 3近隣の葬儀場情報
  • 4初めての喪主ガイド
  • 5エンディングノート