終活の不安にワンストップでサポートします
  • 通話・相談無料
  • 24時間365日対応

香川県の家族葬・葬儀場を探す

香川県の葬儀場(式場・火葬場)からご希望に合わせてご紹介いたします。

香川県近隣の都道府県から葬儀場を探す

香川県での葬儀の風習・事情

参列者の方が気をつけたい葬儀マナー

宗派によって違うものの、全国的には「御霊前」という文字を香典袋の表に書きます。理由は、キリスト教や浄土真宗の一部の宗派以外では失礼と見なされない書き方だからです。しかし、香川県においては通夜での香典袋に「御悔」という文字か書かれる場合が多いです。そして、葬儀では「御香典」と記入された香典袋が広く使われます。

葬儀の特徴

香川県においては、「講」などと称される近隣組織が組まれています。この組織は通夜や葬儀で活動するので、勤めよりも優先度が高いと考えている地域が多いです。香川県内の一部地域には、納棺の際に蝋燭の灯りだけで行う風習があります。他にも風習があり、親が生きている内に亡くなった子供の出棺を見送りせず遺骨を自宅に持って帰らないというものです。また、女性は火葬場へ行く際に三角の紙をはさむというしきたりも存在します。

葬儀の風習

香川県内には、弘法大師の生誕地という関係から寺が多く存在します。高松市の葬儀は、通夜は寺で行われてその際に複数人の僧侶が出席するスタイルです。地方においては、通夜と葬儀の場所が別々になっています。通夜は自宅で行われて、葬儀は寺で営まれます。「末期(まつご)の水(死に水)」という儀式において、使われるのは樒(しきみ)です。というのも、樒(しきみ)には魔除けの力が存在すると言われているためです。ちなみに、一部の地域での自宅葬においては故人を葬儀が始まる前に棺に納めます。つまり、通夜では故人は布団に寝かされた状態なので棺に納められていません。これにより、遠くからの訪問者の中には理由を知らないこともあって驚く人もいます。

香川県の葬儀場情報

香川県の火葬場情報

香川県のお葬式・家族葬事例

初心者マーク 初心者の方でも大丈夫。お葬式の知識はこちらから

資料請求等で、お葬式費用が最大9.9万※1安く

無料相談ダイヤル

お葬式の不安を解消します

些細と思われることでもお気軽にお電話ください

0120-541-694
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料

詳しい資料をお届け

お葬式プランや流れの詳細、近隣の葬儀場情報

ご家族とのご検討でご利用ください

資料を請求する無料かんたん入力45秒

  • ※1 一般葬の会員割+あんしん準備シート割適用時
NHKなどのメディアで紹介されました