広島県の葬儀場を探す

広島県 の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を、地域・エリア別にご案内いたします。

広島県での葬儀の風習・事情

葬儀の特徴

仏教では四十九日までの仮の位牌として、戒名を書いた簡素な白木位牌を作りますが、広島備後地方のある一地域の禅宗の喪家は、この位牌に白い布を被せ少しずつ開いていくという変わった風習があります。

喪主・親族が気をつけたい葬儀マナー

広島県の郡部などの、ある一部の地域では「棺回し」や「三回回し」と呼ばれる儀式を行います。これは、棺が出棺される際に行われるもので、近親者など故人と縁の深い者が集まり棺をぐるぐると3回回します。「棺回し」の由来は諸説ありますが、一つは、棺をぐるぐると回すことで方向感覚を失わせ、故人が戻ってこられないようにするという説です。迷わず成仏して欲しいという、近親者から個人への願いが込められていると考えられています。また、「回る」という行為は古代の日本では人と神霊がつながる儀式として考えられていました。そのため、四国を回ることで徳を積むお遍路のように、棺を回すことであの世で故人が手厚く迎え入れられることを願っているという説もあります。

葬儀の風習

もともと浄土真宗の熱心な檀家が多い広島県の安芸地方ですが、広島湾の北西部に位置する厳島では特に多く、住民の8割が浄土真宗だと言われています。安芸地方ではお葬式や法事で焼香を行う際、小銭を出します。これは「焼香銭」と呼ばれ、一般的な香典とは別のものです。西日本の多くで行われる儀式「茶碗割り」は、広島県でも備後地方ではみられますが、安芸地方では馴染のない儀式です。また、全国的には行われていますが安芸地方ではあまり行われない習わしとして、葬儀や火葬場から帰ったときに塩でお清めをするという行為があります。

広島県の葬儀場情報

広島県の火葬場情報

広島県のお葬式事例

早めの資料請求・ご相談でお葬式費用が最大60,000円税抜安く

※資料請求(事前割申込)+
事前・式後アンケート回答の方

無料相談ダイヤルスタッフ
接客満足度No.1

些細なことでもお気軽にお電話ください

0120-541-703
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ※2019年 葬儀手配サービス調査より
    調査協力: 株式会社クロス・マーケティング
  • 緊急の方はこちら

まずは資料請求簡単45秒で入力

費用や流れをわかりやすくご案内します

資料請求する(無料)

かんたん入力45秒
NHKなどのメディアで紹介されました