奈良県の葬儀場を探す

奈良県 の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を、地域・エリア別にご案内いたします。

奈良県での葬儀の風習・事情

葬儀の流れ

日本では基本的に、政令指定都市以外の地域での土葬は禁止されていません。そのため土葬は、近年でも一部の地域で行われることがあります。奈良県東部の山間部は土葬を行う風習が残る地域です。土葬では通常の「内位牌」を用意するほか、墓に置くための「野位牌」も用意されるなど2つの位牌を用いて葬儀が行われます。喪主はまず、野位牌を抱えて墓へ向かったあと埋葬した場所に供えます。その後、四十九日が明けてから内位牌は寺に納められるという流れです。基本的に野位牌は墓に供えられたままか、炊き上げという形で処理されます。

葬儀の風習

出棺の際、遺族が故人の茶碗を割るという光景が見かけられます。これは「茶碗割り」と呼ばれ、故人が愛用していた茶碗を割ることで安らかな旅立ちを願う風習です。茶碗割りは奈良県だけではなく、日本各地で行われています。また、奈良県は茶碗割りのほか、門火を行う風習のある地域です。基本的に門火は盂蘭盆のときに行われる風習ですが、奈良県では茶碗割りと同時に出棺の際に行われます。このとき門火の燃料には藁を用いるのが一般的です。

葬儀の運営

人口の少ない地域では近隣住民の絆も強い傾向にあり、葬儀や通夜は近隣組織の手伝いで行われるのが一般的です。近隣住民から構成される近隣組織はさまざまな名称で呼ばれています。有名な「隣組」をはじめ、「講内」や「無常講」、「弔い組」といった名称です。奈良県では、10軒ほどの家が一単位となって「垣内」という近隣組織を形成することがあります。垣内は隣組などの近隣組織と同じく、近隣住民の通夜や葬儀などを手伝います。

奈良県の葬儀場情報

奈良県の火葬場情報

奈良県のお葬式事例

早めの資料請求・ご相談でお葬式費用が最大60,000円税抜安く

※資料請求(事前割申込)+
事前・式後アンケート回答の方

無料相談ダイヤルスタッフ
接客満足度No.1

些細なことでもお気軽にお電話ください

0120-541-696
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ※2019年 葬儀手配サービス調査より
    調査協力: 株式会社クロス・マーケティング
  • 緊急の方はこちら

まずは資料請求簡単45秒で入力

費用や流れをわかりやすくご案内します

資料請求する(無料)

かんたん入力45秒
NHKなどのメディアで紹介されました