静岡県の葬儀場を探す

静岡県 の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を、地域・エリア別にご案内いたします。

静岡県での葬儀の風習・事情

葬儀の風習

全国各地では出棺時や火葬場に行く時に小銭を撒く風習がありますが、静岡では花籠を使い「撒き銭」をします。これは大往生のお祝いとして行われるしきたりになり、撒き銭をすることで故人の功徳を積ませることができるという意味合いがあります。撒き銭でばら撒くおひねりは紙で包んだ5円玉が基本となりますが、クッキーやキャラメルなどのお菓子をばら撒くことで代用をすることもあります。おひねりを花籠に入れて竹竿の先にくくりつけたものを2つ作り十字路にばら撒いていきます。このばら撒かれたおひねりは、葬儀参列者に限らず拾うことができます。

葬儀の特徴

墓地に赴く際に、故人の遺族らは墓地に足を運ぶ際に額に白い三角形の紙をつけます。これは仏教で「宝冠(ほうかん)」と呼ばれ、故人を見送るための死に装束の一つとなります。この宝冠を遺族が身につけることで故人が冥土に行く一歩手前にある三途の川をギリギリまで見送りたいという気持ちを表しています。つまりこの風習は故人を「三途の川のほとりまでは見送ります。そこから先は一人で歩み迷わず成仏をしてください」という成仏を祈る遺族の願いを表した風習になります。

出棺の風習

棺の出棺の時に玄関ではなくベランダなど他の場所から棺を運び出す地域が数多くありますが、静岡県沼津市では多くの地域とは少し違った出棺をします。「仮門」を作るります。「仮門」とは、冥土への入り口を表す門です。青竹で作った仮門を二人で持ち、その中に棺をくぐらせ葬列が出発した後に即座に壊します。仮門を壊すことで故人の霊が現世にこの世に迷って戻ることがないようにするのです。

静岡県の葬儀場情報

静岡県の火葬場情報

静岡県のお葬式事例

早めの資料請求・ご相談でお葬式費用が最大60,000円税抜安く

※資料請求(事前割申込)+
事前・式後アンケート回答の方

無料相談ダイヤルスタッフ
接客満足度No.1

些細なことでもお気軽にお電話ください

0120-541-694
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ※2019年 葬儀手配サービス調査より
    調査協力: 株式会社クロス・マーケティング
  • 緊急の方はこちら

まずは資料請求簡単45秒で入力

費用や流れをわかりやすくご案内します

資料請求する(無料)

かんたん入力45秒
NHKなどのメディアで紹介されました