熊本県の葬儀場を探す

熊本県 の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を、地域・エリア別にご案内いたします。

熊本県での葬儀の風習・事情

葬儀の風習

日本では冠婚葬祭を行う日が大安や仏滅といった六曜のどれにあたるかを気にする人たちもいます。葬儀では友引を避けるのが一般的で、友引が休場となっている火葬場も少なくありません。しかし熊本県においては友引でも葬儀を行います。理由の一つとして、浄土真宗を信じる人の割合が高いことが挙げられます。浄土真宗において友引が問題にならないのは、宗祖である親鸞がある日を良いとか悪いとか言うのはよくないとしたことに因ります。熊本県では葬儀の前に行う前火葬が多く、友引でも火葬場では火葬が行われ無休となっています。

通夜の風習

熊本県では通夜のことを「夜伽(よとぎ)」と言い、通夜の際に渡す「夜伽見舞い」という習慣があります。夜伽見舞いは、菓子折りやお酒、缶詰、あるいはそれに代わるお金を通夜の夜食用として遺族に渡すもので香典とは別のものです。夜伽見舞いの表書きには「目覚まし」とか「目覚」、あるいは「御目覚まし」と書かれます。通夜が終わったあとの、弔問客のための食事の席では、おにぎりが振舞われることが多いようです。葬式の準備を整えたり、参列者への応対に追われる遺族への気遣いから生まれた慣習だと言われています。

葬儀の運営

都市部ではあまり見られないものの、住民間の共同体としての意識や結びつきの強い地方では、今でも、ある家が葬式を出す際には近所が一体となって喪家を手伝う習慣が残っています。そのような土地では、仕事を休むことになっても葬式を優先するということもよくあります。熊本県では近隣住民からなる葬式組が喪家を手伝う風習があります。農村部では村が納骨堂を所持していて、誰かが亡くなると村の納骨堂に納められることも珍しくありません。

熊本県の葬儀場情報

熊本県の火葬場情報

熊本県のお葬式事例

早めの資料請求・ご相談でお葬式費用が最大60,000円税抜安く

※資料請求(事前割申込)+
事前・式後アンケート回答の方

無料相談ダイヤルスタッフ
接客満足度No.1

些細なことでもお気軽にお電話ください

0120-541-697
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ※2019年 葬儀手配サービス調査より
    調査協力: 株式会社クロス・マーケティング
  • 緊急の方はこちら

まずは資料請求簡単45秒で入力

費用や流れをわかりやすくご案内します

資料請求する(無料)

かんたん入力45秒
NHKなどのメディアで紹介されました