終活の不安にワンストップでサポートします
  • 通話・相談無料
  • 24時間365日対応

宮崎県の家族葬・葬儀場を探す

宮崎県の葬儀場(式場・火葬場)からご希望に合わせてご紹介いたします。

宮崎県近隣の都道府県から葬儀場を探す

宮崎県での葬儀の風習・事情

葬儀の特徴

宮崎県の一部地域には「いろをつける」という独特の文化があります。「いろをつける」とは、出棺の際に遺族が首に「いろ」と呼ばれる白い布を巻き火葬場まで向かうことです。この世とあの世をを繋ぐ色とされる「白」は死に装束の色でもあり、亡くなった方と同じ白色のものを身につけることで故人を見送るという意味があります。この儀式で使われた「いろ」は葬儀後に玄関先の木などにくくりつけられ、厄除けとして利用されます。

葬儀の風習

宮崎県には葬儀を執り行う前に神棚を閉じたり、半紙などで神前を覆う習慣があります。これは宮崎県が古事記に記されている「天孫降臨の地」であると信じられていることや、県内の各所に神にまつわる伝承が根付く「神の国」宮崎県特有の文化であり、死を穢れとして解釈する神道由来の風習といわれています。葬儀の前に神棚を塞ぐ「神棚封じ」以外にも、葬儀のあとに神官を招いて不浄払いをしてもらったり、葬儀に使った場所にある神棚や使用した食器などを柔らかい布で覆うなどして祓い清めます。

通夜の風習

通夜の参列者に食事を振る舞う「通夜振舞い」は東日本を中心に全国的にも珍しくない風習ですが、一般的な「通夜振舞い」では酒や寿司など比較的豪勢な食事を振る舞うのに対し、宮崎県では「隣組」に代表される近隣組織が準備した団子や饅頭などのお菓子を参列者に配り、自宅に持ち帰ってもらうのがポピュラーです。またお菓子以外にもお米をおにぎりなどにして提供し食してもらうこともあります。これらの風習は「通夜振舞い」とは区別され「御目覚まし」と呼ばれることもあるようです。

宮崎県の葬儀場情報

宮崎県の火葬場情報

宮崎県のお葬式・家族葬事例

初心者マーク 初心者の方でも大丈夫。お葬式の知識はこちらから

資料請求等で、お葬式費用が最大9.9万※1安く

無料相談ダイヤル

お葬式の不安を解消します

些細と思われることでもお気軽にお電話ください

0120-541-697
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料

詳しい資料をお届け

お葬式プランや流れの詳細、近隣の葬儀場情報

ご家族とのご検討でご利用ください

資料を請求する無料かんたん入力45秒

  • ※1 一般葬の会員割+あんしん準備シート割適用時
NHKなどのメディアで紹介されました