神奈川県の葬儀場を探す

神奈川県 の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を、地域・エリア別にご案内いたします。

神奈川県での葬儀の風習・事情

葬儀の流れ

神奈川県の都市部の法要は、斎場を利用することが多く、一般的に、通夜~葬儀・告別式~火葬という流れで行われます。なお、相模原市では、自宅で葬儀を行うケースが多いと言われており、都市化が進んでも、自宅葬へのこだわりを持つ人が多いようです。南足柄市や小田原市などの一部地域では、「前火葬」と言って、葬儀より先に火葬する方法が主流です。香典返しの時期については、宗派によっても異なりますが、横浜市では忌明け、小田原市や平塚市などでは当日返しが多い傾向にあるようです。

通夜振舞いの際の葬儀マナー

神奈川県では、通夜の後に一般の参列者に食事を出す「通夜振舞い」を行うことが多いです。通夜振舞いをいただくことは、「故人への供養」の意味合いがあるので、オードブルや寿司などに一口でも箸をつけるのがマナーです。都市部では短時間で帰る場合が多いですが、農村地域では、故人の思い出を語らいながら、ともに時間を過ごすこともあるようです。

葬儀の風習

神奈川県の葬儀事情は、都市化の進む横浜市と川崎市とそれ以外の地域で、大きく異なります。人口が集中している都市部では、火葬場が混雑していることから、予約が取れない「葬儀難民」が問題となっています。そのため、東京都と同じように民営の火葬場がありますが、民間の火葬場は公営のものと比べて利用料が高く、人気の公営の施設では1週間程度の順番待ちが生じることも多々あるようです。[ また、都市部の特徴として、親族や親しい友人のみで葬儀を行う「家族葬」の増加が挙げられます。これに対して、古くからその土地暮らしている人が多い地域では、昔ながらのしきたりが色濃く残されていることから、「隣組」という近隣住民同士の助け合いによって、自宅で通夜・葬儀を行うことが当たり前と言う風潮が強いようです。

神奈川県の葬儀場情報

神奈川県の火葬場情報

神奈川県のお葬式事例

早めの資料請求・ご相談でお葬式費用が最大60,000円税抜安く

※資料請求(事前割申込)+
事前・式後アンケート回答の方

無料相談ダイヤルスタッフ
接客満足度No.1

些細なことでもお気軽にお電話ください

0120-541-705
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ※2019年 葬儀手配サービス調査より
    調査協力: 株式会社クロス・マーケティング
  • 緊急の方はこちら

まずは資料請求簡単45秒で入力

費用や流れをわかりやすくご案内します

資料請求する(無料)

かんたん入力45秒
NHKなどのメディアで紹介されました