山口県の葬儀場を探す

山口県 の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を、地域・エリア別にご案内いたします。

山口県での葬儀の風習・事情

葬儀の風習

山口県では7割以上が、自宅において通夜や葬儀を行っています。その際にはお手伝いとして、町内会などの近隣組織が参加することが多いようです。また一部の地域においては、葬儀を仏壇のみで行う場合があります。葬儀ではお菓子や果物など香典としてお供えすることが幅広く行われており、農村ではお米や農作物をお供えすることもあります。これらのお供え物は参加者で分けて持ち帰ったり、通夜や葬儀に参列した人たちで食べたりするのですが、これはいわゆる「通夜振舞い」と同種の習慣だと考えるのがわかりやすいでしょう。

精進落としの特徴

山口県ではいわゆる「精進落とし」のことを「立飯(たちは)」と呼んでいます。立飯とは葬儀の後で食べる食事のことであり、ご飯のおこげや大豆をお膳で食べることが独自の特徴となっています。精進落としについては日本全国に様々な風習がありますが、山口県ではなぜ故人とのお別れにご飯のおこげや大豆を食べるのか、その理由はよくわかっていません。

葬儀の特徴

山口県の葬儀では距離がわずかであっても、霊柩車まで参列者が葬列を組むことがあります。かつての葬儀では個人の親族や弔問客がしきたりに従って、死者を送るための葬列を組むことが行われていました。これは「野辺送り」と呼ばれる風習であり、葬送儀礼の中心が火葬場や墓地に棺を運ぶことだった頃には幅広く行われていたのです。現在は都市部ではほとんど見かけなくなりましたが、地方においては現在も野辺送りの風習が残されています。山口県の葬儀で行われる参列者が葬列を組む風習もまた、野辺送りの名残であると考えられているのです。

山口県の葬儀場情報

山口県の火葬場情報

山口県のお葬式事例

早めの資料請求・ご相談でお葬式費用が最大60,000円税抜安く

※資料請求(事前割申込)+
事前・式後アンケート回答の方

無料相談ダイヤルスタッフ
接客満足度No.1

些細なことでもお気軽にお電話ください

0120-541-585
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ※2019年 葬儀手配サービス調査より
    調査協力: 株式会社クロス・マーケティング
  • 緊急の方はこちら

まずは資料請求簡単45秒で入力

費用や流れをわかりやすくご案内します

資料請求する(無料)

かんたん入力45秒
NHKなどのメディアで紹介されました