終活の不安にワンストップでサポートします
  • 通話・相談無料
  • 24時間365日対応

福島県の葬儀場を探す

福島県の葬儀場(式場・火葬場)からご希望に合わせてご紹介いたします。

福島県での葬儀の風習・事情

葬儀の流れ

福島県の会津地方での通夜は、身内や故人と関係の深い近親者のみで行われる場合が多いようです。そのため、受付を行わなくても参列者の人数や氏名を把握することができる場合もあります。また、近隣住民が集まって葬儀の手伝いをすることがあり、これを近隣組織といいます。福島県の会津地方では、隣組といわれる近隣組織が通夜を手伝ってくれるため、遺族が参列者の接待をすることは少ないといいます。喪家は、お葬式を出す際、葬儀社との打ち合わせだけではなく、隣組の代表とも打ち合わせをすることが欠かせません。

喪主・親族が気をつけたい葬儀マナー

棺を出する門は、あの世への入口と考えられているため、通常使用している玄関は使わずに、別の門から棺を出す地域は少なくありません。福島県でも一部の地域では、玄関の脇に仮門を作り、棺を出す際には仮門を通ります。その後、故人の霊が戻ってきて仮門を通ることで、この世に迷い込んで来てしまい、現世をさまよい続けてしまうことが無いように、棺を出した後は直ぐに解体するようにします。お盆に送り火を焚くように、解体した仮門を門火(かどび)として焚く場合もあります。

葬儀の風習

福島県では、納棺の際に故人が男性の場合は剃刀を、女性の場合にはハサミを副葬品として納める風習があります。この風習は魔除けの為に行われるものと考えている人も多いようですが、本来の意味は違うようです。昔は、安置しているご遺体の身体や髪を洗い清め、化粧を施し、身支度を整え、入浴させて身を清める湯灌(ゆかん)という儀式が主流であり、その時使用した剃刀やハサミを副葬品として納めていた風習の名残だと言われています。現在では、ガーゼにお湯やアルコールを浸し、身体を拭いて清める清拭(せいしき)の儀式が多くなってきています。

福島県の葬儀場情報

福島県の火葬場情報

福島県のお葬式事例

お葬式の準備をする

事前準備を行っておくと、万が一の際に慌てず安心で、さらに費用を抑えられます。

【5つの会員特典】よりそう会員(無料)になる

  • 1最大4.5万円割引(税抜)
  • 2お葬式の詳細がわかる詳しい資料
  • 3近隣の葬儀場情報
  • 4初めての喪主ガイド
  • 5エンディングノート

初心者の方でも大丈夫。お葬式の知識はこちらから

お葬式費用が最大4.5万税抜お得※1

無料相談ダイヤル

スタッフ接客満足度No1※2

些細と思われることでもお気軽にお電話ください

0120-541-698
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ●※1 よりそう会員3つの割引制度を適用した場合
  • ●※2 2019年 葬儀手配サービス調査より 調査協力:株式会社クロス・マーケティング

詳しい資料をお届け

お葬式プランや流れの詳細、近隣の葬儀場情報

ご家族とのご検討でご利用ください

資料を請求する無料かんたん入力45秒

  • 同時に会員登録され、3つの割引制度【最大4.5万円(税抜)引き】を利用できます。
NHKなどのメディアで紹介されました