福井県の葬儀場を探す

福井県 の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を、地域・エリア別にご案内いたします。

福井県での葬儀の風習・事情

葬儀の風習

福井県では、葬儀の際に御詠歌を歌うという儀式を行う地域があります。仏教の在家信者が念仏を唱える念仏講という結社が全国各地に存在しますが、葬儀が行われる地域の念仏講に所属している女性たちが御詠歌を歌います。御詠歌は仏教の宗派によって独自の音節が付されていますが、五・七・五・七・七の和歌の形式で仏教の教えを唱えるという点では共通しており、優しく穏やかな節回しです。仏具の一つである鈴(れい)・雅楽で用いられる打楽器である鉦鼓(しょうこ)を用いて御詠歌を歌う宗派もあります。

葬儀の特徴

福井県の領南地方では、葬儀の際に「故人が生前使用していた茶碗を出棺の際に割る」、「玄関先で送り火を焚く」、「故人の棺にお米を撒く」といった儀式が行われます。領南地方には禅宗の寺院が多いためであり、浄土真宗の寺院が多い領北地方ではこのような儀式はあまり行われていません。

葬儀の習慣

もともと赤飯は凶事が発生したときに食べるものでしたが、江戸時代になると慶事が発生した時に食べるものに変わりました。昔からアジアでは祝いの気持ちを表現したり、魔除けを祈願したりする際に赤い色が効力を持つと考えられてきました。江戸時代には疫病が流行することが多かったため、病人の回復を祈願して赤飯を食べるようになりました。また、病人の病気が治癒した後のお祝いとしても赤飯を食べるようになり、赤飯は慶事が発生した時に食べるものとして一般化しました。禍を転じて福と為すために葬儀の際に食べられるようになったという説もあり、福井県の一部では葬儀の際に赤飯を食べる習慣が残っています。

福井県の葬儀場情報

福井県の火葬場情報

福井県のお葬式事例

早めの資料請求・ご相談でお葬式費用が最大60,000円税抜安く

※資料請求(事前割申込)+
事前・式後アンケート回答の方

無料相談ダイヤルスタッフ
接客満足度No.1

些細なことでもお気軽にお電話ください

0120-541-696
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ※2019年 葬儀手配サービス調査より
    調査協力: 株式会社クロス・マーケティング
  • 緊急の方はこちら

まずは資料請求簡単45秒で入力

費用や流れをわかりやすくご案内します

資料請求する(無料)

かんたん入力45秒
NHKなどのメディアで紹介されました