群馬県の葬儀場を探す

群馬県 の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を、地域・エリア別にご案内いたします。

群馬県での葬儀の風習・事情

お布施や法事法要

お布施に似た事柄として、撒き銭と呼ばれる行為がおこなわれることがあります。一般的なお布施は読経を読み上げに来てもらったお坊さんに渡しますが、この撒き銭は遺族が参列者に渡すお金のことを言います。この風習は長寿を全うした故人の葬儀の際におこなわれ、撒き銭を受け取った参列者は長く生きられると伝えられています。またこの撒き銭には、故人が遺した財産を周囲に分け与えるという意味もあります。これは故人があの世で幸福に暮らせるようにという願いを込めて、故人に徳を積ませるためにおこなわれます。この風習を含めた法事法要を後世に伝えるための相互扶助集団が、群馬県内に組織されています。

参列者の方が気をつけたい葬儀マナー

群馬県では告別式の後に一膳飯が振る舞われることがあります。これは参列者全員で故人をあの世まで見送るという思いが込められており、お椀に盛られたお米を一本の箸で少しだけ手の上にのせて食べます。地域によって食べる真似だけにとどめることもありますが、意味は同じです。この習慣以外にも、通夜振る舞いの際にお清めの意味を込めた刺身が出されたりもします。

葬儀の風習

群馬県の葬儀では仏壇に置かれる位牌は一つだけではなく、複数作られることがあります。これは群馬県の葬儀における特色の一つで、故人の家族の内で残されてしまった子供の数だけ位牌を作る風習が伝えられているからです。この地域の仏教の考えでは、位牌はあの世とこの世を繋ぐ窓口のような存在だとされています。亡くなった人はその窓口を通したあの世にいるのであって、位牌の中にいるわけではありません。窓口が増えるということ以上の意味を持たないため、位牌は何個あっても構わないのです。

群馬県の葬儀場情報

群馬県の火葬場情報

群馬県のお葬式事例

早めの資料請求・ご相談でお葬式費用が最大60,000円税抜安く

※資料請求(事前割申込)+
事前・式後アンケート回答の方

無料相談ダイヤルスタッフ
接客満足度No.1

些細なことでもお気軽にお電話ください

0120-542-880
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ※2019年 葬儀手配サービス調査より
    調査協力: 株式会社クロス・マーケティング
  • 緊急の方はこちら

まずは資料請求簡単45秒で入力

費用や流れをわかりやすくご案内します

資料請求する(無料)

かんたん入力45秒
NHKなどのメディアで紹介されました