山形県の葬儀場を探す

山形県 の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を、地域・エリア別にご案内いたします。

山形県での葬儀の風習・事情

お通夜の特徴

山形県では、お通夜を「おつうや」と呼びます。そして、「観音講」や「念仏講」といった地域の仏教組織に所属している年配の女性たちが、仏の教えを説いた歌である「御詠歌」を歌います。流派によっては、雅楽で使われている打楽器の鉦鼓(しょうこ)や仏具の鈴(れい)を鳴らしながら、とても賑やかに歌い上げます。なお、庄内地方では、観音講や念仏講の人たちによる念仏がお通夜の始まりから唱えられ、場合によっては夜通し続くこともあります。

葬儀事情

山形県は他の東北地方と同様に、お通夜の翌朝、葬儀に先立って火葬する地域です。火葬の際の出棺は、基本的に玄関ではない場所から行われます。そして、火葬場から戻ったら塩や水で清め、祭壇に遺骨を安置して葬儀を始めます。法要については、葬儀・告別式当日に初七日法要を行う地域は全国的に見られますが、山形県では初七日法要だけでなく三十五日(五七日)法要まで繰り上げて行う場合があります。この三十五日法要は、他の府県では省かれることが多いです。しかし、本来は四十九日法要の次に重要な日とされています。

葬儀の風習

山形県の一部には、「告げ人(つげにん)」という風習があります。この「告げ人」とは、電話が普及する前の時代の名残であり、忌を避けるために、一人ではなく二人が一組になって、訃報を菩提寺へ伝えに行くというものです また、地域によって「友引」以外にもお葬式を避ける暦があります。酒田地方では一般的に吉日とされている寅(とら)の日に、そして鶴岡地方では子(ね)と丑(うし)の日に葬儀がかかるのを避けています。

山形県の葬儀場情報

山形県の火葬場情報

山形県のお葬式事例

万が一に備えて、お葬式の準備をしませんか?

もしもの時に慌てないためには、お元気なうちからの備えが大切です。

早めの資料請求・ご相談でお葬式費用が最大60,000円税抜安く

※資料請求(事前割申込)+
事前・式後アンケート回答の方

無料相談ダイヤルスタッフ
接客満足度No.1

些細なことでもお気軽にお電話ください

0120-541-703
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ※2019年 葬儀手配サービス調査より
    調査協力: 株式会社クロス・マーケティング
  • 緊急の方はこちら

まずは資料請求簡単45秒で入力

費用や流れをわかりやすくご案内します

資料請求する(無料)

かんたん入力45秒
NHKなどのメディアで紹介されました