茨城県の葬儀場を探す

茨城県 の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を、地域・エリア別にご案内いたします。

茨城県での葬儀の風習・事情

出棺の風習

茨城県では「放生(ほうじょう)」と呼ばれる、出棺に合わせて空に鳩を放す風習が行われることがあります。これは「あちらの世界で故人が優遇されますように」という願いを込めて、故人の遺族が葬儀で善行を行うしきたりであり、いわゆる「徳積み」だと考えるのが分かりやすいでしょう。ちなみに放生は、仏教の考え方に基づいた風習なのだそうです。

葬儀の風習

日本の葬儀では通夜振る舞いとして寿司やオードブルが提供され、葬儀の後にはお清めの塩をかけることが一般的です。一方で茨城県では葬儀の際に餅やおこわと酒が通夜振る舞いとして提供され、葬儀が終了すると埋葬を当日中に済ませてしまうことが多くなっています。また葬儀の後にはお清めとして少量の鰹節を食べたり、鰹節を酒と一緒に口に含んだりすることが、幅広く行われているようです。お清めという考え方は神道に基づいた概念であり、神道形式による葬儀では「神饌(しんせん・神様に捧げる食べ物のこと)」として、鰹節などが祭壇に捧げられます。鰹節を葬儀の後のお清めに使う風習は、茨城県に伝わる土着の文化と、神道の考え方が混ざり合ったものだといえるでしょう。

葬儀の特徴

「撒き銭」と呼ばれる小銭を遺族が参列者に投げる行為は、茨城県の南部で幅広く行われている葬儀の風習です。長寿であの世へと旅立った故人の葬儀で行われることが多く、小さなお菓子(飴やキャラメルなど)を小銭の代わりに投げる場合などもあります。小銭やお菓子を拾って持ち帰ることで、故人の長寿にあやかって長生きができるとされており、縁起の良い風習だとされているのです。

茨城県の葬儀場情報

茨城県の火葬場情報

茨城県のお葬式事例

早めの資料請求・ご相談でお葬式費用が最大60,000円税抜安く

※資料請求(事前割申込)+
事前・式後アンケート回答の方

無料相談ダイヤルスタッフ
接客満足度No.1

些細なことでもお気軽にお電話ください

0120-542-880
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ※2019年 葬儀手配サービス調査より
    調査協力: 株式会社クロス・マーケティング
  • 緊急の方はこちら

まずは資料請求簡単45秒で入力

費用や流れをわかりやすくご案内します

資料請求する(無料)

かんたん入力45秒
NHKなどのメディアで紹介されました