和歌山県の葬儀場を探す

和歌山県 の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を、地域・エリア別にご案内いたします。

和歌山県での葬儀の風習・事情

葬儀の特徴

通夜や葬儀、告別式に参加する際は、黒い服を着るのが一般的です。和服を着る女性も、長襦袢と足袋以外は黒で統一するのが基本とされています。着物のほか、草履や扇子などの小物にも黒が取り入れられます。扇子は、喪服扇や不祝儀扇といった黒骨でできた光沢のない扇子を持つのが基本です。葬儀が終わったあと、携帯していた黒い扇子は要を壊して捨てられます。ですが和歌山県では扇子をただ捨てるのではなく、破って屋根の上に投げる風習があります。古くからあるしきたりですが、なぜそうされるようになったのかは不明です。

葬儀の風習

和歌山県の一部地域では、「講」と呼ばれる地域組織の女性が葬儀後に歌をうたう風習があります。葬儀が終わったあと、遺骨を家に迎える際には還骨勤行(かんこつごんぎょう)が営まれます。そのときに講の年配女性たちが中心となって、仏教の教えを和歌にした御詠歌などをうたうのです。うたわれる歌は流派によって違い、遺族や僧侶が鈴や鉦鼓を用いて唱和することもあります。

葬儀事情

和歌山県では友引の日に葬儀をしないという風習はもちろん、「三隣亡」の日にも葬儀を避けるのが一般的です。友を引くという字から、その日に葬儀が避けられる風習は全国的に見かけられます。三隣亡はもともと建築関係の大凶日といわれ、三隣亡の日に棟上げをすると災いが起きるとして避けられてきました。葬儀にもその風習が取り入れられるようになったのは、三隣亡の字面に関係があります。三隣亡はその字の通り三軒隣まで亡ぼすという意味に捉えられ、不吉な字面から葬儀を行うのも避けられるようになりました。

和歌山県の葬儀場情報

和歌山県の火葬場情報

和歌山県のお葬式事例

万が一に備えて、お葬式の準備をしませんか?

もしもの時に慌てないためには、お元気なうちからの備えが大切です。

早めの資料請求・ご相談でお葬式費用が最大60,000円税抜安く

※資料請求(事前割申込)+
事前・式後アンケート回答の方

無料相談ダイヤルスタッフ
接客満足度No.1

些細なことでもお気軽にお電話ください

0120-541-697
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ※2019年 葬儀手配サービス調査より
    調査協力: 株式会社クロス・マーケティング
  • 緊急の方はこちら

まずは資料請求簡単45秒で入力

費用や流れをわかりやすくご案内します

資料請求する(無料)

かんたん入力45秒
NHKなどのメディアで紹介されました