沖縄県の葬儀場を探す

沖縄県 の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を、地域・エリア別にご案内いたします。

沖縄県での葬儀の風習・事情

葬儀の風習

沖縄県では、先祖崇拝を重んじる文化が古くから根付いています。死の穢れに対して強い畏敬の念を抱いていることから、葬儀において独特なしきたりがたくさんあります。例えば、妊婦や妊婦の夫は故人の通夜や葬儀に参列しない方が良いと考えられているのです。というのも、赤ちゃんが故人の魂に引っ張られてしまうと信じられているからです。また、沖縄県では、告別式、葬儀、火葬、納骨などの一連の儀式を1日で行っています。納骨を済ませた翌日の午前中には、「ナーチャミー」と呼ばれるお墓参りも行われます。さらに、「ナーチャミー」の後は、四十九日まで一週間ごとに故人を供養するスーコーと呼ばれる法要があるのも特徴です。

お墓の特徴

沖縄のお墓は本州とは異なり、とても大きいことが特徴です。これは、かつて土葬をしていた時代に墓の中で遺体を白骨化させる風葬文化だったことによります。広い場所が必要だったため、大きな墓になったということです。また、亀甲墓や破風墓など独特な形状であることも沖縄のお墓の特徴です。

葬儀事情

沖縄では、一般の人が亡くなった場合、新聞に訃報広告が掲載されるのが常識です。訃報広告では、故人の名前はもちろん、喪主の名前や葬儀の日時、故人が同居している家族の名前、独立した子供や孫の名前まで列挙されるのが特徴です。そもそも沖縄では、昔から地縁や血縁と言うものを大切にする文化があります。したがって、故人とわずかな縁であったとしても告別式には必ず参列する必要があるのです。このような理由から、沖縄の地元紙には一般人の訃報広告専用ページがあるというわけです。新聞以外にも、公民館で有線放送を流すことで訃報を知らせています。

沖縄県の葬儀場情報

沖縄県の火葬場情報

沖縄県のお葬式事例

早めの資料請求・ご相談でお葬式費用が最大60,000円税抜安く

※資料請求(事前割申込)+
事前・式後アンケート回答の方

無料相談ダイヤルスタッフ
接客満足度No.1

些細なことでもお気軽にお電話ください

0120-541-703
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ※2019年 葬儀手配サービス調査より
    調査協力: 株式会社クロス・マーケティング
  • 緊急の方はこちら

まずは資料請求簡単45秒で入力

費用や流れをわかりやすくご案内します

資料請求する(無料)

かんたん入力45秒
NHKなどのメディアで紹介されました