大分県の葬儀場を探す

大分県 の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を、地域・エリア別にご案内いたします。

大分県での葬儀の風習・事情

葬儀の特徴

大分県では出棺の際には、玄関からではなく仮門から出棺するという習わしがあります。仮門とは玄関の脇に笹竹や藁などを用いて簡易的に作った出口のことです。他の地域でも玄関以外の出入り口から出棺するという習わしが見られますが、これは故人の霊が玄関から戻ってこないようにするためのものです。家に戻ってくるということは成仏できずに迷っているということなので、安らかに成仏することを願って他の出入り口から出棺します。大分県では簡単な門を作って棺を通し、その後に仮門はすぐに取り壊すことになっています。

葬儀の風習

出棺の際に、大分県では参列者に団子を配る風習があります。昔は土葬であったため棺を運んで埋葬するのは力のいる仕事でした。そのため、団子を食べて力をつけていました。今でもその名残として出棺前などに団子を配っています。また出棺の際には棺を抱えて3回回す「棺回し」を行います。これは故人の方向感覚をなくし家に戻ってこられなくするためです。さらに故人の茶碗を出棺時に割る「茶碗割り」の習わしもあります。故人の霊が戻ってきても「あなたのご飯はありません」と伝えるためです。どちらも故人にこの世に未練なく迷わず冥土に旅立ってほしいという願いが込められています。

通夜の風習

通夜のならわしは、全国各地によって様々です。通夜の後に故人を偲び親近者で飲食をする席や、その際に食べる食事のことを「通夜振舞い」といいますが、この通夜振舞いも西日本と東日本では違います。東日本では通夜振る舞いに参列者全員が参加する地方が比較的多いですが、西日本では通夜振る舞い自体を行わない地域や質素に行う地域が多い傾向にあります。その中でも大分は一般の参列者が参加しない近親者だけの食事を行い、その会食のことを「別れの膳」と呼びます。

大分県の葬儀場情報

大分県の火葬場情報

大分県のお葬式事例

早めの資料請求・ご相談でお葬式費用が最大60,000円税抜安く

※資料請求(事前割申込)+
事前・式後アンケート回答の方

無料相談ダイヤルスタッフ
接客満足度No.1

些細なことでもお気軽にお電話ください

0120-541-699
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ※2019年 葬儀手配サービス調査より
    調査協力: 株式会社クロス・マーケティング
  • 緊急の方はこちら

まずは資料請求簡単45秒で入力

費用や流れをわかりやすくご案内します

資料請求する(無料)

かんたん入力45秒
NHKなどのメディアで紹介されました