佐賀県の葬儀場を探す

佐賀県 の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を、地域・エリア別にご案内いたします。

佐賀県での葬儀の風習・事情

喪主・親族が気をつけたい葬儀マナー

通夜の後、親族や親近者など参列者に食べ物や飲み物が振る舞われることを、通夜振舞いといいます。通夜振舞いについては地域により様々な風習があり、一般参列者も含め盛大に飲食をするのが東日本、遺族や近親者のみで地味に飲食するのが西日本と分かれるのが一般的です。佐賀県では、出立ちの膳(でたちのぜん)と呼ばれる通夜振舞いを身内だけで食べます。これはお骨になる前に故人と最後の食事を共にし、良いお別れをしようという願いから行われます。

葬儀の風習

佐賀県の一部地域では、出棺の際、茶碗割りや棺回し、放生(ほうじょう)といった儀式を行います。茶碗割りは故人が愛用していた茶碗を割る儀式です。棺回しは、出棺の際に近親者で棺を担ぎ3度ぐるぐると回す儀式です。愛用品への未練や方向感覚をなくすことで、故人が迷わず成仏することを願い行われます。放生は、鳥を空に、池や川に魚を逃がすといったことを行います。捕らえられた生き物を逃がすことで徳を積ませて、故人があの世で優遇されることを願い行われます。また、葬儀や火葬は午前中が多く、午後に亡くなった場合は納棺をせずに仮通夜をして、24時間後に納棺をして本通夜をするならわしがあります。

葬儀の特徴

故人の枕元に、いっぱい飯と一緒に供える団子のことを枕団子といいます。枕団子の数は地域によりさまざまですが、全国的には6個が多いようですが、佐賀県の一部地域では49個もの枕団子をお供えしすることがあります。この49という数字は、成仏するまでの四十九日の旅の間、故人が1日に1つずつ食べられるようにとの思いがこめられているのかもしれません。

佐賀県の葬儀場情報

佐賀県の火葬場情報

佐賀県のお葬式事例

早めの資料請求・ご相談でお葬式費用が最大60,000円税抜安く

※資料請求(事前割申込)+
事前・式後アンケート回答の方

無料相談ダイヤルスタッフ
接客満足度No.1

些細なことでもお気軽にお電話ください

0120-541-706
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ※2019年 葬儀手配サービス調査より
    調査協力: 株式会社クロス・マーケティング
  • 緊急の方はこちら

まずは資料請求簡単45秒で入力

費用や流れをわかりやすくご案内します

資料請求する(無料)

かんたん入力45秒
NHKなどのメディアで紹介されました