岡山県の葬儀場を探す

岡山県 の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を、地域・エリア別にご案内いたします。

岡山県での葬儀の風習・事情

葬儀の食事

岡山県では、葬儀の後の出棺前に供される食事を「立飯(たちは)」と呼ぶ習慣があります。葬儀後の食事は「精進落とし」と呼ばれることも多いですが、地方・地域によって呼び方は異なります。岡山県の美作地方には、葬儀を執り行った僧侶と喪主が、生米・塩を食べるふりをする儀式的な立飯も、慣習として残っていると言われています。

葬儀の風習

岡山県の葬儀では、西日本各地で見られる「茶碗割り」という儀式以外にも「放生(ほうじょう)」という独自の風習が残っています。茶碗割りは、故人が生前使っていた茶碗を割ってこの世に未練を残さないようにする出棺の際の儀式です。 一方の放生は、出棺時に鳥や金魚を逃がすというもので、故人に動物を生きたまま放すという徳を積ませることで、あの世で平穏に過ごせるよう願いを込めるという意味合いがあります。放生は、仏教の「放生会(ほうじょうえ)」から来ているとも言われています。 また、火葬当日に納骨をする地域では、四十九日法要までの期間、七日ごとに七本の塔婆を立てて故人を供養する「七本塔婆」という儀式が現在も残っていると言われています。

通夜の風習

岡山県では、通夜を「夜伽(よとぎ)」と呼ぶ習慣が残っています。夜伽とは本来、故人に対してだけでなく、夜通し起きたまま誰かに付き添うことを表す言葉ですが、故人が寂しくないように近親者が寝ずの番をするという意味では、通夜と同義であると言えるでしょう。 岡山県では通夜を近親者だけで執り行うのが一般的です。親族は故人との別れを朝までしのんで過ごすため、弔問客のもてなしなどは隣近所の住民が手助けする場合も少なくありません。客に振舞われるのも、菓子一袋ずつといった程度のささやかなものです。なお、夜伽を「伽(とぎ)」と呼ぶ地域もあります。

岡山県の葬儀場情報

岡山県の火葬場情報

岡山県のお葬式事例

早めの資料請求・ご相談でお葬式費用が最大60,000円税抜安く

※資料請求(事前割申込)+
事前・式後アンケート回答の方

無料相談ダイヤルスタッフ
接客満足度No.1

些細なことでもお気軽にお電話ください

0120-541-706
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ※2019年 葬儀手配サービス調査より
    調査協力: 株式会社クロス・マーケティング
  • 緊急の方はこちら

まずは資料請求簡単45秒で入力

費用や流れをわかりやすくご案内します

資料請求する(無料)

かんたん入力45秒
NHKなどのメディアで紹介されました