栃木県の葬儀場を探す

栃木県 の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を、地域・エリア別にご案内いたします。

栃木県での葬儀の風習・事情

お清めの風習

栃木県日光市では、葬儀の参列者が帰宅して家に入るときに、お清めの塩と一緒に「鰹節をかける」という風習が残っている地域があります。もともと清めの塩をふるという考え方は、仏教ではなく死を穢れと考える神道に由来しています。江戸時代では「清めの塩」という風習はあまり一般的ではなく、むしろ「お清め」の効果は食事や飲酒にあると考えられていました。関東ではいわゆる精進落としのことを「お清め」といいますが、それは大勢の人が集まって酒食を共にすること自体がお清めになると考えられていたことに起因します。塩に加えて鰹節を振りかけるのには、こうした酒食の力を借りて穢れを除こうとする意味が込められているようです。

葬儀の風習

栃木県には、亡くなった人の着物を北向きに干した上で、常に水をかけ続けて濡れた状態にしておく「七日ざらし」という風習が残っている地域があります。その理由や起源はよく分かっていませんが、同じく死を穢れと考える神道を由来とする「お清め」の意味を持つ風俗と考えられています。

葬儀の特徴

栃木県には、昔ながらの地元意識が強く残っていて、近隣で作る隣組などが未だに大きな影響力を持っている地域が残っています。したがってそのような地域での葬儀にも独特の風習があります。例えば隣組の人たちと故人の親族が、みんなで一本の長い数珠を持って、念仏を唱えながら数珠をまわしていくことがあります。この儀式は百万遍と呼ばれていて故人の冥福を祈るための儀式です。以前より廃れてきているとはいえ、このような伝統を未だに守っている地域も県内には残っています。

栃木県の葬儀場情報

栃木県の火葬場情報

栃木県のお葬式事例

早めの資料請求・ご相談でお葬式費用が最大60,000円税抜安く

※資料請求(事前割申込)+
事前・式後アンケート回答の方

無料相談ダイヤルスタッフ
接客満足度No.1

些細なことでもお気軽にお電話ください

0120-541-585
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ※2019年 葬儀手配サービス調査より
    調査協力: 株式会社クロス・マーケティング
  • 緊急の方はこちら

まずは資料請求簡単45秒で入力

費用や流れをわかりやすくご案内します

資料請求する(無料)

かんたん入力45秒
NHKなどのメディアで紹介されました