大阪府の葬儀場を探す

大阪府 の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を、地域・エリア別にご案内いたします。

大阪府での葬儀の風習・事情

葬儀の風習

一般的に、六曜の中の「友引」には「故人が友を引いていっていまう」ことを避けるために葬儀を行いません。しかし昨今では、葬儀場や火葬場・病院や親族などの様々な事情により、やむを得ず友引の日に葬儀を行わなければならない場合もあります。この時、大阪では「いちま人形」と呼ばれる人形を故人とともに棺に入れ、友を引く代わりのお供として送り出す習わしがあります。友引の日でも不安なく故人を送り出せるように考えられた独自の風習といえます。

喪主・親族が気をつけたい葬儀マナー

喪主や親族が気をつけたい点として、「仕上げ」や「逆さごと」といった大阪地区独自の風習を覚えておきましょう。初七日法要の後に食べる「仕上げ」という精進料理があります。その中でも、高野豆腐や厚揚げなどは欠かすことのできない食材ですが、仕上げ料理ではこうした普段四角形に切っている食材を意図的に三角形に切って調理します。また、身内に出すおにぎりを俵型では無く三角形に握ることもあり、このような習わしを「逆さごと」と呼んでいます。普段と違ったことをすることで、葬儀と日常を切り離す考え方です。

参列者の方が気をつけたい葬儀マナー

葬儀に参列するときのマナーとして、大阪府を始めとする関西地区では、香典袋の水引を『黄色と白』にするという習わしがあるという点を頭に入れておきましょう。一般的な葬儀では喪に服す色として、黒と白の物を使われることが知られています。しかし、京都では皇室への献上品として使われる水引が一見黒に見える『玉虫色』を使用する事から、玉虫色と黒が混同しないよう、黒の次に喪に服す色の黄色を使うことが定着しています。

大阪府の葬儀場情報

大阪府の火葬場情報

大阪府のお葬式事例

早めの資料請求・ご相談でお葬式費用が最大60,000円税抜安く

※資料請求(事前割申込)+
事前・式後アンケート回答の方

無料相談ダイヤルスタッフ
接客満足度No.1

些細なことでもお気軽にお電話ください

0120-541-706
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ※2019年 葬儀手配サービス調査より
    調査協力: 株式会社クロス・マーケティング
  • 緊急の方はこちら

まずは資料請求簡単45秒で入力

費用や流れをわかりやすくご案内します

資料請求する(無料)

かんたん入力45秒
NHKなどのメディアで紹介されました