愛知県の葬儀場を探す

愛知県 の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を、地域・エリア別にご案内いたします。

愛知県での葬儀の風習・事情

葬儀の特徴

幽霊が付けるような三角の布を仏教では「宝冠」と呼びますが、これは死に装束の一部であり本来は故人が身に着けるものです。ですが、江戸時代に葬儀の参列者も宝冠を着ける風習が広まったそうです。愛知県の瀬戸地方には現在もこのしきたりが残っている地域があります。出棺の後に、喪主が白装束で火葬場へ行くというものです。また喪主だけでなく会葬者全員が三角の布を頭に巻くという地域もあります。これを着ける理由は、悪霊を防ぐ魔除けとも、"死"という災いが参列した人たちに移らないようにするためとも言われています。

精進落としの特徴

愛知県の尾張地方には「涙汁」と呼ばれる汁を飲む風習があります。「涙汁」は精進落としの際に遺族と近親者が食べる「出立ちの膳」の際に振る舞われるもので、胡椒汁や唐辛子汁が出されます。唐辛子汁の場合は、唐辛子1本全て丸ごとをみじん切りにして汁の中に入れるので、大変辛みのある味に仕上がります。この「涙汁」を飲むのは、故人に追悼の意を示すのに辛さで涙を出しやすくするためとも言われていますが、それ以外にも、葬儀の疲れを辛さによって取るためとも言われています。

葬儀の風習

愛知県には「淋し見舞い(さびしみまい)」という風習があります。「淋し見舞い」とは通夜の時に近親者が香典とともに遺族に渡すもので、缶詰や菓子、酒のような食べ物・飲み物が選ばれることが多いです。これらは通夜振る舞いで弔問客に振る舞われたり、遺族や近親者が通夜の後に故人と一緒に過ごすときに食べたりします。残った分は葬儀の参列者などに配られます。

愛知県の葬儀場情報

愛知県の火葬場情報

愛知県のお葬式事例

早めの資料請求・ご相談でお葬式費用が最大60,000円税抜安く

※資料請求(事前割申込)+
事前・式後アンケート回答の方

無料相談ダイヤルスタッフ
接客満足度No.1

些細なことでもお気軽にお電話ください

0120-541-697
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ※2019年 葬儀手配サービス調査より
    調査協力: 株式会社クロス・マーケティング
  • 緊急の方はこちら

まずは資料請求簡単45秒で入力

費用や流れをわかりやすくご案内します

資料請求する(無料)

かんたん入力45秒
NHKなどのメディアで紹介されました