岐阜県の葬儀場を探す

岐阜県 の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を、地域・エリア別にご案内いたします。

岐阜県での葬儀の風習・事情

葬儀の風習

日本ではほとんどの地域で火葬が行われていますが、ごくわずかに土葬の風習が残っている地域があります。岐阜県の郡部はその希少な風習が残っている地域の1つです。また、美濃の一部地域では神葬が行われています。ただしこの地域の神葬は、廃仏毀釈の影響からお寺で葬儀が行えないために神道形式で行わなければならなかったという背景から、正式な神道のものとは異なります。そのため、葬儀も仏葬の趣が色濃く残っているのが特徴的です。

葬儀の運営

岐阜県では地域における近隣組織が葬儀を取り仕切るのが一般的です。これを「仲間組」、もしくは「葬式組」と呼び、喪家の手伝いを行ったり、葬儀社との打合せに参加したりします。近隣組織の葬儀での影響力は大きいため、仲間組、葬式組での仕事は地域における重要な仕事とみなされています。岐阜県の葬儀の特徴的な風習としてはほかに、香典返しが挙げられるでしょう。岐阜県恵那市など一部の地域では、香典返しは「ビール券」という暗黙の了解があり、ビール券以外の香典返しでは恥ずかしいと考える人が多いようです。

葬儀の特徴

岐阜県東濃地方では、「おめでた葬礼」と呼ばれる風習が残っている地域があります。これは、80歳を超えた長寿で亡くなった場合に行われる儀式で、長寿での往生をおめでたいととらえて行われます。儀式では葬列の先頭に立つ人が、竹竿の先に竹で編んだ「花籠」つけたものを2本一対で持ちます。この花籠の中には故人の年齢の数の小銭が入れられます。四辻にさしかかると花籠を振って中の小銭を落とし、見ている人たちがそれを拾うのが習わしです。葬儀に関係ない人でも小銭を拾って良いとされ、小銭を振る舞うことで故人の功徳に繋がると考えられています。

岐阜県の葬儀場情報

岐阜県の火葬場情報

岐阜県のお葬式事例

万が一に備えて、お葬式の準備をしませんか?

もしもの時に慌てないためには、お元気なうちからの備えが大切です。

早めの資料請求・ご相談でお葬式費用が最大60,000円税抜安く

※資料請求(事前割申込)+
事前・式後アンケート回答の方

無料相談ダイヤルスタッフ
接客満足度No.1

些細なことでもお気軽にお電話ください

0120-541-696
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ※2019年 葬儀手配サービス調査より
    調査協力: 株式会社クロス・マーケティング
  • 緊急の方はこちら

まずは資料請求簡単45秒で入力

費用や流れをわかりやすくご案内します

資料請求する(無料)

かんたん入力45秒
NHKなどのメディアで紹介されました