高知県の葬儀場を探す

高知県 の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を、地域・エリア別にご案内いたします。

高知県での葬儀の風習・事情

葬儀の風習

高知県ではしきたりとして、納棺の前日、故人の親族が遺体の側で一緒に眠ります。しきたりを知らない人が聞いたら驚愕するような内容ですが、「通夜」は元来、故人が亡くなってから告別式の朝までの期間で行われるものだったのです。このような、故人と添い寝をするしきたりが生まれた背景には、「添い寝を通じて、故人の魂を血縁者に引き継がせるため」「一人で寝ていては、故人が寂しくなってしまうため」といった、様々な説が存在します。

納棺の風習

高知県には、故人が無事に成仏出来ることを願い、「煮た大豆や小豆を故人の棺桶に入れる」という風習があります。この風習には、豆類は煮ると芽が出なくなることにあやかって、「故人が棺桶の中で目を開かないように」という意味が込められています。尚、全国の他の地域にも、高知県と同じように、故人の好きな食べ物や愛用品に加え、それぞれの地域で定められたものを棺桶に入れる風習が数多く存在します。

葬儀の特徴

高知県には、「納棺までの期間、故人を生きている時と同じように扱う」というしきたりがあります。故人には、亡くなる前に使用していた布団、家族が食べるものと同じ食事を用意し、「おはようございます」などと、まるでその人がまだ生きているかのように話しかけるのです。また土佐郡の一部地域では、故人を、亡くなったのではなく「病気にかかり、療養している人」として捉えます。そして、故人の生前の好みに合わせてご馳走を作り、家族揃って「起きて食べましょう」と話しかけ、ご馳走を「死者へのお供え物」としてではなく「養生見舞い」として供えます。

高知県の葬儀場情報

高知県の火葬場情報

高知県のお葬式事例

早めの資料請求・ご相談でお葬式費用が最大60,000円税抜安く

※資料請求(事前割申込)+
事前・式後アンケート回答の方

無料相談ダイヤルスタッフ
接客満足度No.1

些細なことでもお気軽にお電話ください

0120-541-698
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ※2019年 葬儀手配サービス調査より
    調査協力: 株式会社クロス・マーケティング
  • 緊急の方はこちら

まずは資料請求簡単45秒で入力

費用や流れをわかりやすくご案内します

資料請求する(無料)

かんたん入力45秒
NHKなどのメディアで紹介されました