埼玉県の葬儀場を探す

埼玉県 の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を、地域・エリア別にご案内いたします。

埼玉県での葬儀の風習・事情

葬儀の特徴

埼玉県の北部地域においては、参列者が着席すると小さな「金剛杖」が全員に配られます。また男性の参列者には「かんむり」という白い三角布、女性には「いろ」や「とも白髪」が配布されるので、身につけてお葬式に立ち会いましょう。身につけたものは後で返します。これらは死装束の一部ですが、「みんなで同じ格好をして、三途の川の手前まで見送りに行きますね。三途の川を渡ったらおひとりで旅立ってください」という意味があります。

参列者の方が気をつけたい葬儀マナー

埼玉の秩父市では、お葬式の受付で「ともに立ちますか?」と聞かれることがあります。これは「精進落としまで同席しますか?」の意で、「ともに立ちます」「いいえ、お焼香だけで失礼します」のような形で返事をします。親族や故人と親しかった場合は、ともに立つのが一般的です。その他、香典袋とは別で紅白の水引の「お見舞い」を用意する場合があります。入院中お見舞いに行けなかったことを詫び「今になってしまいましたが受け取ってください」という意味に由来する風習です。更に葬儀の際、近親者や親しい弔問客が口に酒を含み、故人の遺体に吹きかけることがあります。昔は遺体の殺菌や消臭のために行われていたことが、現代にも風習として受け継がれているのです。

葬儀の風習

埼玉県の郡部や農村部での葬儀では、昔からのしきたりが今日も続いています。「茶碗割り」といって、出棺時に生前故人が使用していた茶碗を割るのも、古くからあるしきたりのひとつ。その他、通夜を行った翌朝に「前火葬」する骨葬の地域、お葬式を執り行った後に火葬する「後火葬」の地域が、県内では混ざっています。また、浦和市や大宮市といった都市部では、斎場で葬儀を行うようになりました。

埼玉県の葬儀場情報

埼玉県の火葬場情報

埼玉県のお葬式事例

早めの資料請求・ご相談でお葬式費用が最大60,000円税抜安く

※資料請求(事前割申込)+
事前・式後アンケート回答の方

無料相談ダイヤルスタッフ
接客満足度No.1

些細なことでもお気軽にお電話ください

0120-541-699
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ※2019年 葬儀手配サービス調査より
    調査協力: 株式会社クロス・マーケティング
  • 緊急の方はこちら

まずは資料請求簡単45秒で入力

費用や流れをわかりやすくご案内します

資料請求する(無料)

かんたん入力45秒
NHKなどのメディアで紹介されました