兵庫県の葬儀場を探す

兵庫県 の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を、地域・エリア別にご案内いたします。

兵庫県での葬儀の風習・事情

葬儀の風習

西日本独特のお葬式の際の儀式として故人が使用していたお茶碗を割る「茶碗割り」という儀式があります。仏教では死後49日まではまだ魂は現世をさまよっているとされていて、その魂が時には自分が愛用していた品を頼りに戻ってきてしまうことがあることから、個人が家に戻ることなく成仏するようにという意味を込めて行われるのがこの「茶碗割り」です。この茶碗割りの儀式ですが、兵庫県の川西地方では女性がおこなう仕事となっています。

葬儀に使用する供花

お葬式では故人の棺に「供花」といってお花を一緒に収めるのが一般的になっています。供花に使用するお花といえば全国的には菊の花がもっともよく知られているのですが、兵庫県の場合は菊の花ではなく「樒(しきみ)」という名前の花だけを用います。樒はとても香りの強い花でさらにその実には猛毒が含まれています。猛毒があることから故人に悪霊が寄ってこないよう、魔除けの意味で樒を供花にしているという説があります。

葬儀の特徴

兵庫県播磨地方ではお葬式の時にほかの都道府県にはないような儀式が行われます。それが「三度回し」「棺回し」と呼ばれる儀式です。この儀式はその名称通り故人が収められた棺を出棺の際に親族が棺を担いだままでぐるぐると3回回すという儀式です。どうしてこのような儀式をおこなうのかというと、一説にはぐるぐると棺を回すことで方向性を失わせ、家に戻ってくることができないようにするためにこの儀式を行うとされています。二度と戻ってこないようにするという事は同時に故人に対して迷いなく成仏してほしいという遺族の願いが込められた儀式だといえるでしょう。また回るという儀式は古来から人と神霊がつながる儀式とされており、減罪信仰の意味でおこなうという説もあります。

兵庫県の葬儀場情報

兵庫県の火葬場情報

兵庫県のお葬式事例

早めの資料請求・ご相談でお葬式費用が最大60,000円税抜安く

※資料請求(事前割申込)+
事前・式後アンケート回答の方

無料相談ダイヤルスタッフ
接客満足度No.1

些細なことでもお気軽にお電話ください

0120-541-706
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ※2019年 葬儀手配サービス調査より
    調査協力: 株式会社クロス・マーケティング
  • 緊急の方はこちら

まずは資料請求簡単45秒で入力

費用や流れをわかりやすくご案内します

資料請求する(無料)

かんたん入力45秒
NHKなどのメディアで紹介されました