島根県の葬儀場を探す

島根県 の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を、地域・エリア別にご案内いたします。

島根県での葬儀の風習・事情

葬儀の流れ

島根県の葬儀では「前火葬」と「後火葬」の二つがあります。「前火葬」では、午前中に火葬を行い、午後から葬儀を行います。松江市や出雲市ではこの流れが一般的なものとなっています。「後火葬」はその反対で、午前中に葬儀を行い、午後から火葬という流れになります。島根県ではどちらの火葬も混在しているようです。葬儀後には「精進落とし」として赤飯がふるまわれます。赤飯というと、おめでたい席で食べるという印象があります。しかし、赤飯の赤い色には厄払いや魔除けの意味もあり、もともとはお葬式の食事として提供されるものでした。赤い色には禍を福に転じさせるという縁起直しの意味合いもあり、葬儀という儀式と日常生活とのけじめをつける意味もあったようです。

葬儀の風習

島根県の松江市などの一部地域では、門の両側に竹を2本立てて忌中のしるしとする風習があります。これには「門を清めて邪気を払う」という意味合いが込められており、お正月の門松とも通じるものがあります。全国的に、故人の家の入口に「忌中」と書かれた張り紙をするところは多いですが、竹を立てる風習のある所はそう多くはないでしょう。

葬儀と通夜

島根県では通夜のことを「夜伽(よとぎ)」と呼びます。松江市では葬儀は寺院で行われますが、そのほかの地域は自宅で行われることが多く、夜伽は時間も決まっていない為、一晩中行われているような状態になります。本来通夜というものは、親近者が集まって故人との最後の夜を惜しむために夜通し行われていたものです。島根県の夜伽はその形に近いままの風習が残っていると言えるでしょう。

島根県の葬儀場情報

島根県の火葬場情報

島根県のお葬式事例

万が一に備えて、お葬式の準備をしませんか?

もしもの時に慌てないためには、お元気なうちからの備えが大切です。

早めの資料請求・ご相談でお葬式費用が最大60,000円税抜安く

※資料請求(事前割申込)+
事前・式後アンケート回答の方

無料相談ダイヤルスタッフ
接客満足度No.1

些細なことでもお気軽にお電話ください

0120-541-705
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ※2019年 葬儀手配サービス調査より
    調査協力: 株式会社クロス・マーケティング
  • 緊急の方はこちら

まずは資料請求簡単45秒で入力

費用や流れをわかりやすくご案内します

資料請求する(無料)

かんたん入力45秒
NHKなどのメディアで紹介されました