福岡県の葬儀場を探す

福岡県 の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を、地域・エリア別にご案内いたします。

福岡県での葬儀の風習・事情

葬儀の流れ

一般的な通夜や葬儀では、僧侶が読経を唱えている間に、弔問客が順に焼香をしていきます。しかし、福岡県の宗派によっては、読経中に焼香を行わないところもあるのだそうです。焼香をしない宗派であっても、遺族が希望した場合は、僧侶が退席した後に焼香を行うケースもみられます。福岡県の中でも博多エリアでは、火葬場へ向かう霊柩車が、櫛田神社の前を避けて通るのがならわしです。また、「前火葬」と「後火葬」という2種類の火葬が混在していることも特徴的でしょう。葬儀の前に火葬する「前火葬」は、主に東南部に浸透しています。

葬儀の風習

葬儀や告別式の後に、親族や親近者が集まって食事をとることを「精進落とし」といいます。「精進落とし」は全国的にみられる風習ですが、食事の内容や慣例などは地域によってさまざまです。福岡県では、出棺の前に簡単な精進料理をいただきます。故人との最後の食事という意味合いがあり、「出立ちの膳(でたちのぜん)」と呼ばれています。また、柳川市では、出立ちの膳に冷酒を振る舞うこともあるようです。

通夜の風習

親しい弔問客や僧侶などを招いて、通夜が終わってからお酒や料理を振る舞うことを「通夜振舞い」といいます。この風習は、東日本を中心に広まっていき、全国各地で行われるようになりました。一般的に福岡県では、「通夜振舞い」に招かれた弔問客が、お酒やお菓子などを持参するのが慣例となっています。これは「通夜見舞い」と呼ばれており、お酒やお菓子などを持ち寄ることによって、遺族の負担をわずかでも軽くしてあげたいとの配慮から生まれたようです。

福岡県の葬儀場情報

福岡県の火葬場情報

福岡県のお葬式事例

早めの資料請求・ご相談でお葬式費用が最大60,000円税抜安く

※資料請求(事前割申込)+
事前・式後アンケート回答の方

無料相談ダイヤルスタッフ
接客満足度No.1

些細なことでもお気軽にお電話ください

0120-541-699
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ※2019年 葬儀手配サービス調査より
    調査協力: 株式会社クロス・マーケティング
  • 緊急の方はこちら

まずは資料請求簡単45秒で入力

費用や流れをわかりやすくご案内します

資料請求する(無料)

かんたん入力45秒
NHKなどのメディアで紹介されました