秋田県の葬儀場を探す

秋田県 の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を、地域・エリア別にご案内いたします。

秋田県での葬儀の風習・事情

焼香の風習

秋田県では焼香の際に、小銭を供える風習が残っています。焼香を終えたら焼香盆に数十円の小銭を置き、故人があの世へ旅立つための餞別を渡すような意味合いがあります。この風習は日本各地で散見され、秋田県では特によく見る光景です。お香典とはまた別に、故人の旅立ちの準備を支える風習が今なお残っているのです。小銭を供える風習は、葬儀屋が広く知れ渡っていなかった頃にお寺様が焼香箱を持ってきてくれるので、そのお香代として小銭を盆に入れたことが始まりだという説もあります。

葬儀の風習

「ゆどき」と呼ばれる風習を執り行う地域もあります。お葬式が終わったあとに近隣住民が集まり、遺族をねぎらうために念仏を唱えるというものです。「念仏講」は仏教の信者が念仏を唱えるために集まることを指しますが、秋田県の一部の地域では古くから、年配の女性たちが五七五七七の短歌に合わせて仏教の教えを「御詠歌」として詠う習わしがありました。このとき、宗派によっては鈴(れい)や鉦鼓(しょうこ)を用います。

葬儀の流れ

秋田県では、葬儀の前に火葬が執り行われることが一般的です。しかし、出棺してから火葬、通夜、葬儀の順で行われる地域と、通夜をしてから出棺、火葬、葬儀の順で行われる地域があります。共通しているのは、葬儀の前に火葬が行われることです。秋田県では「出棺の儀」を重要視しており、これから旅立つ故人の体を清める「湯かんの儀」を自宅で行うことも大切な風習となっている地域が多くあります。通夜に派手さはありませんが、 近親者のみで故人を偲ぶのが一般的です。故人の枕元には、「死華花(しかばな)」と呼ばれる紙の造花を仏具や枕団子、一膳飯と共に飾ります。出棺にあたって棺には、故人が道に迷ったりせず旅の糧となるようローソクや線香、マッチ、米などを入れることがあります。

秋田県の葬儀場情報

秋田県の火葬場情報

秋田県のお葬式事例

早めの資料請求・ご相談でお葬式費用が最大60,000円税抜安く

※資料請求(事前割申込)+
事前・式後アンケート回答の方

無料相談ダイヤルスタッフ
接客満足度No.1

些細なことでもお気軽にお電話ください

0120-542-880
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ※2019年 葬儀手配サービス調査より
    調査協力: 株式会社クロス・マーケティング
  • 緊急の方はこちら

まずは資料請求簡単45秒で入力

費用や流れをわかりやすくご案内します

資料請求する(無料)

かんたん入力45秒
NHKなどのメディアで紹介されました