長崎県の葬儀場を探す

長崎県 の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を、地域・エリア別にご案内いたします。

長崎県での葬儀の風習・事情

葬儀事情

東日本を中心に全国では「通夜振舞い」というものがあります。これは通夜が終わった後に参列者に対して、お食事とお飲物を振る舞うものです。全国でも地域によって寿司や会席料理、お酒など振る舞うものが変わってきます。また参列者全員に振る舞うところもあります。傾向としては、西の方へ行くにつれて通夜振舞いは簡単なものになっているようです。そのため長崎の通夜は質素です。基本的に静かに行いますが、地域によって通夜を行わないところもあります。

葬儀の風習

長崎県では出棺のときに「野辺送り」の風習が残っています。本来故人を葬儀場から火葬場まで、葬列を組んで見送るものです。しかし現在は交通の面などで無理なため、出口から霊柩車までの短い距離だけでも、葬列を組んで故人を見送るものです。そして平戸市では「宝冠」と呼ばれる、死装束の三角布を頭に巻く風習があります。これは亡くなった人への思いから「故人と同じ死装束を身に着けて三途の川の手前まで見送ります」という意味が込められています。全国には故人の着物を水で濡らす風習が、いくつかの地域で残っています。長崎県の対馬でも「水かけぎもん」のならわしがあります。故人の着物を裏返しに着せ約7日間、毎日朝と晩に水をかけるものです。言葉自体は「水かけ着もの」が訛って「水かけぎもん」になっていると伝わっています。また「水かけぎもん」の風習は、神道の「死は穢」という考え方の影響を受けています。そのため水をかけることにより「お清め」の効果があるようです。しかしはっきりとした理由は伝わっていません。

葬儀の特徴

全国には故人の着物を水で濡らす風習が、いくつかの地域で残っています。長崎県の対馬でも「水かけぎもん」のならわしがあります。故人の着物を裏返しに着せ約7日間、毎日朝と晩に水をかけるものです。言葉自体は「水かけ着もの」が訛って「水かけぎもん」になっていると伝わっています。また「水かけぎもん」の風習は、神道の「死は穢」という考え方の影響を受けています。そのため水をかけることにより「お清め」の効果があるようです。しかしはっきりとした理由は伝わっていません。

長崎県の葬儀場情報

長崎県の火葬場情報

長崎県のお葬式事例

早めの資料請求・ご相談でお葬式費用が最大60,000円税抜安く

※資料請求(事前割申込)+
事前・式後アンケート回答の方

無料相談ダイヤルスタッフ
接客満足度No.1

些細なことでもお気軽にお電話ください

0120-541-706
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ※2019年 葬儀手配サービス調査より
    調査協力: 株式会社クロス・マーケティング
  • 緊急の方はこちら

まずは資料請求簡単45秒で入力

費用や流れをわかりやすくご案内します

資料請求する(無料)

かんたん入力45秒
NHKなどのメディアで紹介されました