富山県の葬儀場を探す

富山県 の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を、地域・エリア別にご案内いたします。

富山県での葬儀の風習・事情

葬儀の特徴

富山県の呉西の地域では、火葬場へ向かう際に、喪主と親族が白装束を身につける風習があります。一般的に喪服といえば「黒」なので、白装束に違和感を感じる方もいるかもしれません。しかし、古来の日本では喪服は「白」とされていて、逆に「黒」はおめでたい席で着る色だったのです。明治時代になってから、西洋の喪の色である「黒」を真似て、日本も喪服の色が変わりました。その後、「黒」の喪服が日本中に浸透するまでにはかなりの時間がかかったそうです。

葬儀の風習

富山県では、一般的にお葬式の祭壇には「死花花(しかばな)」を飾ります。死花花は、白い紙の横に細かく切れ目を入れ、それを木の棒に巻きつけて作られたもので、「死華花」や「四華花」とも書かれます。この風習は、ブッダが涅槃に入る際に、沙羅双樹(さらそうじゅ)の花の色が白く変わり、ブッダの遺体を覆い尽くすように散ったという故事に由来しています。そのことから、死花花を飾ることは、故人が涅槃に入ったことを表しているといわれています。なお、昔は遺族が木の台などに差した死花花を持って、葬列を組む慣習がありました。

出棺の風習

富山県には、出棺の際に白いさらしの布を棺に結び付け、遺族がその布の端を持って引っ張るという風習が残っています。もともとは、棺を火葬場や墓地へ運ぶ野辺送りの葬列で行われていた、「善の綱(ぜんのつな)」と呼ばれるしきたりでした。この善の綱は、藤原道長の『御堂関白記』の中にある、「来迎仏(らいごぶつ)の手から5色の糸が垂れ、道長の手に結ばれる」という文章が由来となっているそうです。故人を善処に導く綱という意味が込められています。

富山県の葬儀場情報

富山県の火葬場情報

富山県のお葬式事例

早めの資料請求・ご相談でお葬式費用が最大60,000円税抜安く

※資料請求(事前割申込)+
事前・式後アンケート回答の方

無料相談ダイヤルスタッフ
接客満足度No.1

些細なことでもお気軽にお電話ください

0120-541-694
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ※2019年 葬儀手配サービス調査より
    調査協力: 株式会社クロス・マーケティング
  • 緊急の方はこちら

まずは資料請求簡単45秒で入力

費用や流れをわかりやすくご案内します

資料請求する(無料)

かんたん入力45秒
NHKなどのメディアで紹介されました