三重県の葬儀場を探す

三重県 の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を、地域・エリア別にご案内いたします。

三重県での葬儀の風習・事情

葬儀運営の取り決め

三重県で葬儀を取り行う際、運営を仕切る「組」と「村香典」というシステムを覚えておく事がポイントです。組というのは、通夜や葬儀を取り仕切る近隣組織の事で、自宅葬の数が70%を超える三重県では大変重要視されています。仕事を休んで葬儀を取り仕切るなど優先順位も地域により変わります。また、名張市には「村香典」という風習があり、これは1〜3千円程度のお香典を持ち寄り霊前に供える事をいいます。伊勢市や松坂市では、一年を通してしめ縄を飾る文化が残っていますが、喪中の家ではこれを外しておくなど、市町村により様々なルールがあると言われています。

通夜での風習

通夜の事を「夜伽(よとぎ)」と呼びますが、三重県ではこの際に参列者が持ち寄る差し入れがあります。この差し入れの事を「夜伽見舞い」と呼び、缶詰やお菓子・酒を用意するのが一般的です。また、香典とは別になる事を念頭に置いておきましょう。夜伽の元来の意味は「一晩中寝ないで故人の側にいること」であり、通夜に続く夜伽の際、親族たちで分けて食べるためのお見舞いとされています。残ったものは参列者に配る、持ち寄った参列者と食べるなど、異なった文化が残っている地域もあります。

葬儀の風習

三重県独特の葬儀の風習として「涙汁(なみだじる)を飲む」というものがあります。この涙汁は、鰹出汁に胡椒の入った「胡椒汁」の事で、葬儀の後に食べる「旅立ちの膳」と呼ばれる簡素な精進料理の一種です。主に桑名市などで出されています。涙汁に入った胡椒の辛さで、哀悼の意を表す涙が出やすくなる効果があり、またその辛さによって身体の疲れを取る機能もあると言われています。

三重県の葬儀場情報

三重県の火葬場情報

三重県のお葬式事例

早めの資料請求・ご相談でお葬式費用が最大60,000円税抜安く

※資料請求(事前割申込)+
事前・式後アンケート回答の方

無料相談ダイヤルスタッフ
接客満足度No.1

些細なことでもお気軽にお電話ください

0120-541-696
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ※2019年 葬儀手配サービス調査より
    調査協力: 株式会社クロス・マーケティング
  • 緊急の方はこちら

まずは資料請求簡単45秒で入力

費用や流れをわかりやすくご案内します

資料請求する(無料)

かんたん入力45秒
NHKなどのメディアで紹介されました