滋賀県の葬儀場を探す

滋賀県 の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を、地域・エリア別にご案内いたします。

滋賀県での葬儀の風習・事情

葬儀の風習

西日本の多くの地域では、通夜振舞いを行いません。しかし、滋賀県ではうどんが通夜振舞いとして出されます。なぜうどんなのかというと、喪家に負担がかからないようにとの配慮からだと思われます。また、郡部をはじめとした一部の地域では、葬儀に参列する際に、隣近所の人などは香典を持参しません。葬儀・告別式と初七日が終わった翌日に会食の席が設けられ、この会食に招待され場合に香典を持参します。この時に渡す金銭を、香典ではなく「こうぎ」と呼ぶ風習があります。その他、彦根市では、香典を受付で渡すと引き換え券が渡されます。そして、帰り際に会費お礼品をもらいます。

出棺の風習

都市部では住宅事情の関係から少なくなってきていますが、出棺の際に、滋賀県では棺を玄関以外の場所から出すしきたりがあります。日常的に人が出入りしている玄関ですが、その場所を避けることで人の魂が戻ってこないように、つまりは迷うことなく成仏できるようにという意味が込められています。棺の出口として縁側を利用することがほとんどですが、場合によっては窓から出すこともあるそうです。

葬儀の特徴

滋賀県のお葬儀では、「おかみそり」と呼ばれる儀が広く行われています。この「おかみそり」とは、故人の額にお坊さんがかみそりをあてることです。葬儀用のかみそりを使って軽く撫でるだけなので、髪を剃るわけではないですし、故人の遺体に傷がつくこともありません。なお、正式には浄土真宗で行われる「帰敬式(ききょうしき)」という儀式であり、故人が仏・法・僧に帰依して、仏弟子になることを誓い立てるものです。

滋賀県の葬儀場情報

滋賀県の火葬場情報

滋賀県のお葬式事例

早めの資料請求・ご相談でお葬式費用が最大60,000円税抜安く

※資料請求(事前割申込)+
事前・式後アンケート回答の方

無料相談ダイヤルスタッフ
接客満足度No.1

些細なことでもお気軽にお電話ください

0120-541-694
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ※2019年 葬儀手配サービス調査より
    調査協力: 株式会社クロス・マーケティング
  • 緊急の方はこちら

まずは資料請求簡単45秒で入力

費用や流れをわかりやすくご案内します

資料請求する(無料)

かんたん入力45秒
NHKなどのメディアで紹介されました