長野県の葬儀場を探す

長野県 の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を、地域・エリア別にご案内いたします。

長野県市区町村から探す

長野県での葬儀の風習・事情

香典を渡す際の慣習

通夜の際、一般的に参列者は香典のみを出します。しかし長野県では、故人と親しかった一部の参列者に限り、香典とは別に「お見舞い」を添えます。この「お見舞い」は、紅白の水引をつけた専用袋に入れられ、そこに込められた思いは、故人が入院中にお見舞いに行けなかった事を詫びる心です。このように、遅れてしまった「見舞金」を、通夜の席でお詫びの気持ちと共に渡すと考えることができます。ひと昔前は「お見舞い」のみを持参する人もいましたが、現在では、通夜でお見舞いを出す場合は香典もセット、という共通認識になっています。

葬儀の風習

同じ長野県内でも、地域によって火葬のタイミングが異なります。例えば、長野市を中心とする北信では通夜・葬儀に続いて火葬をするのに対し、第二の都市松本市を含む中南信では、火葬は葬儀が終わってから執り行われます。葬儀後に火葬をするエリアでは、遺族が「いろ」と呼ばれる白い布を肩にまとって火葬場へ向かいます。「白」は、俗世(この世)と浄土(あの世)を結ぶ色とみなされており、白を携えることで、故人を浄土の近くまで見送る事ができると信じられています。地域ごとの他の違いとして、長野県西部では、葬儀は日が沈んでから営むという珍しい風習があります。

葬儀の運営

長野県では、葬儀は仕事よりも優先すべきという考え方が根強く、会社を休んでまで葬儀の手伝いに参加する人が多いです。そのため、他県や首都圏から引っ越してくる移住者の多くは、この価値観に驚くそうです。また、都市部と異なり、長野県は人の流れが比較的少ない地域です。こういった地方によく見られる特徴として、昔から地元の近隣組織が大きな役割を担っています。長野県においては「隣組」と呼ばれる団体が通夜や葬儀を切り盛りします。

長野県の葬儀場情報

長野県の火葬場情報

長野県のお葬式事例

早めの資料請求・ご相談でお葬式費用が最大60,000円税抜安く

※資料請求(事前割申込)+
事前・式後アンケート回答の方

無料相談ダイヤルスタッフ
接客満足度No.1

些細なことでもお気軽にお電話ください

0120-541-699
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ※2019年 葬儀手配サービス調査より
    調査協力: 株式会社クロス・マーケティング
  • 緊急の方はこちら

まずは資料請求簡単45秒で入力

費用や流れをわかりやすくご案内します

資料請求する(無料)

かんたん入力45秒
NHKなどのメディアで紹介されました