徳島県の葬儀場を探す

徳島県 の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を、地域・エリア別にご案内いたします。

徳島県での葬儀の風習・事情

通夜の風習

徳島県には通夜に関する変わった風習があります。その一つが通夜見舞い、通夜見舞いは香典とは別に渡すものでお酒やお菓子・果物などを持参するのが一般的です。通夜が終わった後は別室で弔問客に酒食をふるまう通夜振る舞いを行う地域が多いです。徳島県ではこの通夜振る舞いの際に「きつねうどん」を出すという変わった風習があります。うどん県で有名な香川ではなく徳島県の風習というのは不思議ですが、うどんは準備・片付けの負担が少ないことから、遺族の重荷とならない通夜振る舞いとして定着しました。

葬儀の風習

野辺送りは遺体を火葬場または埋葬場まで葬列を作り送ることです。この「野辺送り」の名残りとして、徳島県の郡部など一部地域では短い距離であっても葬列を組むことがあります。また霊柩車がゆっくりと進むその後ろを、遺族や参列者が列を組んで一定の区間を歩く場合もあります。清めの塩は火葬場から戻り玄関をまたぐ前に使うのが一般的です。ただ徳島県には竹で作られた小さな馬をまたいでから清めの塩を使い、家に入るという風習があります。

納棺の風習

納棺は通夜の前日や直前に行われるのが一般的、その際に副葬品として故人の愛用品や思い出の品を棺に入れることがあります。一方、徳島県では納棺の際にハサミと針と糸を入れる風習があります。副葬品としてハサミと針と糸が入れられているのは、故人があの世で裁縫道具として使うためです。副葬品にハサミを入れる県もあります。その県では昔、湯灌の際に女性の髪を切っていました。その風習の名残で、今でも副葬品としてハサミを入れています。

徳島県の葬儀場情報

徳島県の火葬場情報

徳島県のお葬式事例

早めの資料請求・ご相談でお葬式費用が最大60,000円税抜安く

※資料請求(事前割申込)+
事前・式後アンケート回答の方

無料相談ダイヤルスタッフ
接客満足度No.1

些細なことでもお気軽にお電話ください

0120-541-703
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ※2019年 葬儀手配サービス調査より
    調査協力: 株式会社クロス・マーケティング
  • 緊急の方はこちら

まずは資料請求簡単45秒で入力

費用や流れをわかりやすくご案内します

資料請求する(無料)

かんたん入力45秒
NHKなどのメディアで紹介されました