終活の不安にワンストップでサポートします
  • 通話・相談無料
  • 24時間365日対応

家族葬とは?一般葬との違いはなに?気になる疑問点を解説!

家族葬とは?一般葬との違いはなに?気になる疑問点を解説!
  • 2021年09月29日

近年葬儀の形式で「家族葬」を選ばれる方が増えています。この家族葬ですが、一般葬とは何が違うのででょうか?今回は家族葬について詳しく解説している記事をまとめました。

本記事をご参照いただきますと香典事情、喪主の役割、服装マナーなど家族葬に関するあらゆる疑問点が解決できます。ぜひご一読のうえご活用ください。

家族葬で香典は持参するべき?相場や香典袋の書き方、渡し方について徹底解説

近年、「家族葬」というスタイルでお葬式を行う方が増えてきています。これは文字通り家族や近親者のみで葬儀を行うもので、参列者も限られたものになります。もし、家族葬に参列することになったら、香典は必要なのでしょうか。また渡し方や香典額の相場は一般葬と異なるのでしょうか。

ここでは参列時に失礼にならないように、家族葬の香典について解説していきましょう。

家族葬の香典辞退|失礼のない伝え方と文例を紹介

身内や近い親族、親しい友人など少人数で行う「家族葬」では、さまざまな理由で喪主側が香典辞退するケースが増えてきています

ただし一般葬では香典を受け取るのがふつうなので、香典辞退をしたら参列者に対して失礼になるのではと心配になる喪主の方もいるでしょう。そこで今回は、おもに家族葬の香典辞退とそこでのマナーを、喪主側からの立場で見ていきます。

【家族葬の香典返し】相場、品物、挨拶状のすべてが分かる完全マニュアル

近年増えている「家族葬」は、身内や近い親族、親しい友人などの少人数で行う葬儀です。一般に告知しないため参列者は少なく、応対に追われることなくゆったりと故人を見送ることができるのがメリットです。

また、現在のような感染症流行時には、周囲に配慮して家族葬を選ぶ方も増えています。家族葬では、香典を受け付けない香典辞退が主流になりつつありますが、従来の葬儀のように香典を受け取る場合もあります

また、辞退してもどうしてもと受け取らざるを得ないこともあります。香典を受け取る場合は、家族葬でも香典返しが必要になりますので、それをこれから解説していきましょう。

家族葬の喪主挨拶|すぐに使える例文とタイミング、ポイントを徹底解説

家族葬は一般葬とは異なり、身内や近い親族などの間柄が多い参列者のみで行いますが、それでも喪主による挨拶は必要なのでしょうか。またその場合、どのようなタイミングでどんな挨拶が必要なのでしょうか
今回は、家族葬における喪主の挨拶について解説していきます。

家族葬の喪主の役割とは?葬儀前から葬儀後の流れで徹底解説

「身内だけでする家族葬でも喪主は必要?」とお考えになられる方もいますが、葬儀であれば喪主は必要です。喪主とは、遺族を代表する弔いの責任者です。お声がけした人しか参列しない家族葬は規模も小さいですが、それでも遺族の代表として喪主がすべきことは多くあります。今回は、家族葬における喪主の役割について解説していきます。

家族葬の挨拶状の書き方、例文、送る時期を詳しく解説!

身内や近い親族、親しい友人などの少人数で行う「家族葬」では、葬儀前には参列者以外には「訃報や葬儀を行うことをなるべく知らせない」のが基本です。これは故人の遺志の場合もありますが、そもそも家族葬は最期の時間を少人数で静かに過ごしたいという遺族側の考えで行われるからです。従って家族葬にお呼びしなかった方々には、後日改めて訃報を兼ねた挨拶状を送ることになります。ここでは家族葬後に送る挨拶状の時期や書き方のポイントなどについて解説します。

家族葬の通夜、葬儀・告別式の流れと主な注意点を詳しく解説

家族葬といっても、通夜や葬儀・告別式での流れは一般葬と変わりありません。故人を弔う式なので同じことが行われます。ただし、一般葬に比べて参列する方が少なく、また身近な方が多いため省略される部分もあり、その分、式が短くなる傾向はあります。今回は、家族葬における通夜及び葬儀・告別式の流れについて解説していきます。

家族葬の服装マナーはこれで大丈夫!親族、参列者の違い、身だしなみまで詳しく解説

近年では家族や親族といった近親者のみで行われる家族葬が増えてきています。家族葬は幅広く人が集まる一般葬に比べると、もっと服装マナーは緩いかと思われる方もいらっしゃるでしょう。しかし家族葬といっても葬儀には変わりなく、決まった服装マナーがあります

今回は家族葬における服装マナーについて、喪主側と参列者側の両方から見ていきましょう。

家族葬に参列すべきかの判断基準と参列と辞退のマナーについても詳しく解説

近年では近親者のみで行われる家族葬が増えてきています。家族葬は、広く告知して幅広く人が集まる一般葬とは異なり、基本的には遺族側から案内があった方のみ参列します

もし家族葬の連絡を受けた場合、家族ではなく友人でも参列していいのでしょうか? また参列したくても連絡がない場合は参列を遠慮すべきなのでしょうか。今回は家族葬に参列する場合、または案内を辞退する時のマナーについて解説していきたいと思います。

家族葬にかかる費用とは?相場や内訳について徹底解説

近年では故人の遺志や経済的な理由により、家族葬を選ばれる方が増えてきています。また家族葬で多い「一日葬」という言葉を聞くことも増えたでしょう。実は「家族葬」という言葉が使われるようになったのはそれほど前のことではありません。しかし一般葬との違いがわからないまま、単に「費用が安い」というイメージで語られることがあります

葬儀費用は遺族の方には大きな負担ですが、かといって費用を低く抑えすぎて後で後悔するのも困ります。今回は家族葬と一般葬の違いやその費用相場、全体の費用を安くする方法などを紹介していきます。

家族葬での供花の贈り(送り)方とは? 供花の種類、相場やマナーを詳しく解説

お葬式で、葬儀場や祭壇を飾るのに欠かせないのがお花です。式場には供花、花輪、枕花、献花などのお花が飾られます。その中で供花は、故人と親交のあった者が弔意や供養のために贈るものです

お葬式ではスタンド花が供花として飾られているのを見かけますが、家族葬の場合は供花を贈る際に特有の決まりごとはあるのでしょうか。

今回は家族葬において供花を贈って良い場合と良くない場合、そして贈る際のマナーや手配方法、供花をいただいた場合のお返しについてを紹介します。

7 票, 平均: 3.71 / 57 票, 平均: 3.71 / 57 票, 平均: 3.71 / 57 票, 平均: 3.71 / 57 票, 平均: 3.71 / 5 (7 投票, 平均: 3.71 / 5, 評価済)
読み込み中...

記事の制作・編集株式会社よりそう

よりそうは、お葬式やお坊さんのお手配、仏壇・仏具の販売など、お客さまの理想の旅立ちをサポートする会社です。

運営会社についてはこちら

※提供情報の真実性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。特に宗教や地域ごとの習慣によって考え方や対応方法が異なることがございます。

お葬式の準備がまだの方

資料請求等で、お葬式費用が最大9.9万※1安く

無料相談ダイヤル

お葬式の不安を解消します

些細と思われることでもお気軽にお電話ください

0120-541-699
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料

詳しい資料をお届け

お葬式プランや流れの詳細、近隣の葬儀場情報

ご家族とのご検討でご利用ください

資料を請求する無料かんたん入力45秒

  • ※1 一般葬の会員割+あんしん準備シート割適用時

安心とお得の葬儀事前準備

事前準備ができると、いざというときも安心。費用も抑えることができます。