終活の不安にワンストップでサポートします
  • 通話・相談無料
  • 24時間365日対応

逝去と死去の意味の違いは?葬儀への参列や電報でのお悔やみの伝え方

逝去と死去の意味の違いは?葬儀への参列や電報でのお悔やみの伝え方
  • [投稿] 2018年09月19日
  • [更新] 2021年05月06日

誰かが亡くなった際、「逝去(せいきょ)」と「死去」という言葉をよく耳にします。

これらの言葉は使い方のルールが決められておりますので、故人へのお悔やみの気持ちをお伝えする際に使い分けを誤ると、失礼にあたってしまうことになります。

死はデリケートな問題ですので、言葉に十分に注意してお伝えしたいものです。
では、逝去と死去はどのように使い分けられるのでしょうか。

その意味や、訃報や葬儀でのお悔やみの伝え方について、例文とともにご紹介いたします。

逝去(せいきょ)の意味と死去との使い分け

「逝去」という言葉は、「死」の尊敬語です。自分の家族や身内以外が亡くなった際は、相手を敬い「逝去」を使います
社長や上司など立場の偉い人だけではなく、友人や年下の人にも尊敬語を使うことになります。

「死去」という言葉は「死」の通常の言い方で、家族や身内が亡くなった際に使います
プライベートだけでなく、例えば所属する会社の社長の訃報を取引先へ連絡する場合も、身内扱いとなりますので「死去」という言葉を使います。

故人やご遺族に失礼がないよう、気を付けて言葉を使い分けるようにしましょう。

【合わせて読みたい】
ご愁傷様の意味と使い方
ご冥福をお祈りしますの意味と使い方

訃報を受けた時の声のかけ方・お返事方法

身内や友人、知人などから訃報を受けた場合、どのように声をかけ、どのような内容の返事を出すべきなのでしょうか。
お悔やみの言葉を伝える際は、相手の心を傷つけないよう言葉づかいに十分注意しなければなりません。

その際、不幸の繰り返しを想像させる「今後も」「追って」「重ね重ね」といった言葉は避けるべきです。
また、生死にまつわる直接的な言葉を使用せず、死を連想させる表現を避けましょう。
「亡くなった」という言葉は「ご逝去」に、「生きていた頃」という言葉は「ご生前」といったように言い換えてください。

なお、最近では訃報をメールで受け取ることが増えてきています。メールで受け取った際は、メールでお悔やみの気持ちを伝えても基本的に問題ありません。
伝えたい想いをすぐに送り、ねぎらいの言葉をかけましょう。
相手との関係性によっては、直接電話をかけて元気づけてあげることをおすすめします。
その際も、相手の気持ちに十分配慮して言葉を選び、忙しそうであれば機会を改めるようにしてください。

では、訃報を受けた時の声のかけ方や返事の内容をケース別にご紹介します。

訃報に対する声のかけ方

「お知らせいただきありがとうございます。突然のことで言葉も見つかりません。
ご迷惑でなければできるだけ早くお悔やみに伺いたいのですが、伺ってもよろしいでしょうか」

電話で訃報を受けた場合の声のかけ方です。葬儀の準備などで忙しいため、急に伺うことを断られてしまう可能性もあります。
相手の心情や状況を十分に配慮して、悲しい気持ち、お悔やみに伺いたい気持ちを伝えましょう。
なお、急いで駆けつける場合は喪服にする必要はありません。地味な平服で伺います。

「大変だったね。辛い時に力になれなくてごめんね。私にお手伝いできることがあったら何でもするよ」

親しい友人の親族が亡くなった場合は、堅苦しい言葉よりも親身な言葉の方がありがたいものです。言葉の選び方に気を付けて、思いを伝えてあげましょう。

【合わせて読みたい】
【訃報の連絡で使える文例付き】訃報のお知らせの意味と書き方

訃報に対する返事の書き方

「この度はお身内にご不幸があったと伺い、驚いております。○○様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
本来であればすぐにでも弔問にお伺いすべきところ、略儀ながら書中をもちましてお悔やみ申し上げます」

はがきやメールで返事を書く際の文例です。お通夜や葬儀・告別式に参列する場合は、日程と宗派を確認しておきましょう。
参列できない場合は、お悔やみの手紙とともにお香典を添えて郵送しましょう。

葬儀に参列した際のお悔やみの伝え方

慰めている人

葬儀に参列した際は、ご遺族へ失礼のないようお悔やみの気持ちを伝えます。
ご遺族と直接面識がない場合は、簡単に自己紹介するようにしてください。

伝えたいことはたくさんあるでしょうが、うまく言葉にならないことかと思います。
葬儀では言葉少なめにお悔やみを伝えても、十分に気持ちは伝わります。

では、葬儀に参列した際のお悔やみの伝え方をケース別にご紹介します。

友人や知人に向けて

「この度はご愁傷さまです。ご家族の皆さまのお気持ちを考えると、胸が痛みます。謹んでお悔やみ申し上げます」

ご遺族の気持ちを考慮して、辛く悲しい気持ちとともにお悔やみの言葉伝えます。

お世話になった方に向けて

「〇〇の○○と申します。○○さんには、いつも大変お世話になっておりました。
突然のことで本当に驚いております。何の恩返しもできず、無念でなりません。
私にできることがございましたら、遠慮なくお申し付けください。心からお悔やみ申し上げます」

ご遺族との面識の有無に関わらず、念のため自己紹介をします。
お世話になった方への思いを伝え、葬儀の手伝いを申し出るのが礼儀です。
人手が足りている場合であっても、助けたいという気持ちだけでも伝えておくようにしましょう。

葬儀に参列しなかった際の電報の文例

日程の都合などで葬儀に参列しなかった場合、弔電としてお悔やみの電報を送ります。
その際、お通夜や葬儀・告別式の日に間に合うよう届けることが重要です。
もし間に合わない場合は弔電を送らず、後日改めて手紙を郵送するのがマナーとなっています。

電報は故人のご遺族が読むものなので、故人との個人的なプライベートの話題を記載することは控えるようにしましょう。
ご遺族もご存知のことと思い記載した内容が、後々トラブルにつながってしまう可能性があります。

では、葬儀に参列しなかった際の電報の文例をケース別にご紹介します。

親しい友人・知人が亡くなった場合

「◯◯様のご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。故人との語りつくせぬ思い出で胸がいっぱいです。
ご生前のご厚情に深く感謝いたしますとともに、安らかなご永眠をお祈りいたします」

故人との親しい間柄を感じさせる一文を入れることで、お悔やみの心が十分に伝わります。
なお、思い出の具体的なエピソードの明記は避けるようにしましょう。

会社の関係者が亡くなった場合

「〇〇様のご逝去に際し、惜別の念を禁じ得ません。ご功労に敬意を表しますとともに、心からご冥福をお祈りいたします」

自社の社員や取引先の方など、会社の関係者が亡くなった場合は、仕事でお世話になったことに対する敬意を示す一文を入れましょう。

知人の親族が亡くなった場合

「ご尊父様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします」
ここがポイント
 
 
弔電では故人とご遺族の続柄に応じた敬称を用います。以下を参考に、言い換えるようにしてください。

 

 

■父…お父様、ご尊父(そんぷ)様
■母…お母様、ご母堂(ぼどう)様
■夫…ご主人様
■妻…ご令室様
■息子…ご子息様
■娘…ご令息様

まとめ

逝去と死去という言葉だけでなく、お悔やみの際は言葉づかいに注意しなければなりません。
敬称や敬意を表す言葉を使い、ご遺族の気持ちに配慮して気持ちをお伝えしましょう。

親しい間柄の人やお世話になった人の訃報を受けた場合は、手伝いを申し出ることで故人への感謝の気持ちが伝わります。
実際に何かできることがあればお力添えし、故人を偲びましょう。
お悔やみの言葉は簡潔なもので問題ありません。
しかし、ご遺族を想う気持ちは忘れないようにしましょう。

■関連記事
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (48 投票, 平均: 4.60 / 5)
読み込み中...

記事の制作・編集株式会社よりそう

よりそうは、お葬式やお坊さんのお手配、仏壇・仏具の販売など、お客さまの理想の旅立ちをサポートする会社です。

運営会社についてはこちら

※提供情報の真実性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。特に宗教や地域ごとの習慣によって考え方や対応方法が異なることがございます。

お葬式の準備がまだの方

初心者でも安心 はじめてのお葬式に
役立つ資料プレゼント!

  • 費用と流れ
  • 葬儀場情報
  • 喪主の役割
パンフレット一式

記事カテゴリ

お葬式費用が最大7.7万税込お得※1

無料相談ダイヤル

スタッフ接客満足度No1※2

些細と思われることでもお気軽にお電話ください

0120-541-698
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ●※1 資料請求(会員登録)+事前・式後アンケート割引適用額
  • ●※2 2019年 葬儀手配サービス調査より 調査協力:(株)クロス・マーケティング

詳しい資料をお届け

お葬式プランや流れの詳細、近隣の葬儀場情報

ご家族とのご検討でご利用ください

資料を請求する無料かんたん入力45秒

  • 同時に会員登録され、3つの割引制度【最大7.7万円(税込)引き】を利用できます。

お葬式の準備をする

事前準備を行っておくと、万が一の際に慌てず安心で、さらに費用を抑えられます。

【5つの会員特典】よりそう会員(無料)になる

  • 1最大7.7万円割引(税込)
  • 2お葬式の詳細がわかる詳しい資料
  • 3近隣の葬儀場情報
  • 4初めての喪主ガイド
  • 5エンディングノート