終活の不安にワンストップでサポートします
  • 通話・相談無料
  • 24時間365日対応

位牌とは|仏壇があれば位牌は必要ない?

位牌とは|仏壇があれば位牌は必要ない?
  • [投稿] 2020年08月03日
  • [更新] 2021年05月07日

位牌とは?

位牌とは、簡単に言えば“亡くなった人の霊が宿る場所”です。
どのようなものかと言うと、故人の戒名(法名)を記して供養・礼拝するための木札で、浄土真宗以外の仏教では、仏壇に安置します。私達は仏壇に置かれた位牌を通して故人を思い、冥福を祈ったり供養を行ったりします。

なぜ仏壇に位牌を置く必要があるのか?

「仏壇があれば位牌は必要ないのではないか?」 と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、仏壇は本来、ご本尊を祀るための祭壇です。

その仏壇に故人の名を刻んだ位牌を置いてお参りすることで、ご本尊だけでなく、仏様になった故人にも見守られているという気持ちをより強く持つことができます。

位牌はなぜ大切なの?

この世に生きる私たちは、忙しい毎日の中で、時の経過と共に過ぎ去った日のことを忘れていきます。
しかし、故人の名前を刻んだ位牌を見れば、いつまでも故人のことを忘れず供養し続けることができます。
位牌は故人やご先祖と向き合い、感謝の気持ちを伝えるために、欠かせない存在です。

位牌起源の3つの説

中国の「位版」を起源とする説

「位版」とは、中国の天子が神様や先祖を祀るとき、金でつくった長方形の板に神名を書いたものです。

儒教の「位板」が起源だとする説

中国の後漢時代から儒教の葬礼には、死者の官位と姓名を書いた「霊牌」が用いられていました。
また、同じように神様の名を書いたものを「神牌」といい、霊牌と神牌を総称する「位板」という言葉がありました。

中国の「単位・単牌」を起源とする説

中国の禅宗では、僧侶の役目を木の板に書き、「単位」や「単牌」と呼んでいました。

本位牌と白木位牌

古来より位牌が故人のメモリアルに関わっていたことは間違いないでしょう。
位牌には、葬儀の際に祭壇に安置する「白木位牌」と、戒名や法名を記して仏壇に安置する「本位牌」があります。
「白木位牌」は、延べ送り用の仮の位牌でもあるため、「野位牌」や「仮位牌」とも呼ばれ、四十九日までの間は、白木位牌を祀っておくのがしきたりです。

これは、四十九日までは死者の行先がまだ定まっておらず、四十九日の「忌明け」が過ぎて初めて成仏すると考えられているからです。本位牌は、この成仏の証となります。
四十九日を迎えて本位牌に取り換えたら、それまで使っていた白木の位牌はお寺に納めます。

■関連記事
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均: 5.00 / 5)
読み込み中...

記事の制作・編集株式会社よりそう

よりそうは、お葬式やお坊さんのお手配、仏壇・仏具の販売など、お客さまの理想の旅立ちをサポートする会社です。

運営会社についてはこちら

※提供情報の真実性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。特に宗教や地域ごとの習慣によって考え方や対応方法が異なることがございます。

位牌・仏壇の購入をご検討の方はこちら

よりそうでは、位牌・仏壇・仏具の販売を行っております。ご購入を検討の方はこちらをご覧ください。

仏壇の売れ筋ランキング

位牌の人気ランキング

初心者でも安心 はじめてのお葬式に
役立つ資料プレゼント!

  • 費用と流れ
  • 葬儀場情報
  • 喪主の役割
パンフレット一式

記事カテゴリ

お葬式費用が最大7.7万税込お得※1

無料相談ダイヤル

スタッフ接客満足度No1※2

些細と思われることでもお気軽にお電話ください

0120-541-697
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ●※1 資料請求(会員登録)+事前・式後アンケート割引適用額
  • ●※2 2019年 葬儀手配サービス調査より 調査協力:(株)クロス・マーケティング

詳しい資料をお届け

お葬式プランや流れの詳細、近隣の葬儀場情報

ご家族とのご検討でご利用ください

資料を請求する無料かんたん入力45秒

  • 同時に会員登録され、3つの割引制度【最大7.7万円(税込)引き】を利用できます。

お葬式の準備をする

事前準備を行っておくと、万が一の際に慌てず安心で、さらに費用を抑えられます。

【5つの会員特典】よりそう会員(無料)になる

  • 1最大7.7万円割引(税込)
  • 2お葬式の詳細がわかる詳しい資料
  • 3近隣の葬儀場情報
  • 4初めての喪主ガイド
  • 5エンディングノート