終活の不安にワンストップでサポートします
  • 通話・相談無料
  • 24時間365日対応

浄土真宗に位牌は必要ない?|浄土真宗の位牌の考え方

浄土真宗に位牌は必要ない?|浄土真宗の位牌の考え方
  • [投稿] 2020年08月03日
  • [更新] 2021年05月07日

浄土真宗の位牌の考え方

「位牌」は、仏式葬儀を行った場合、四十九日の忌明けまでに準備して、
お仏壇などに安置して供養するのが一般的です。

位牌は、戒名を授かって仏の弟子となった故人があの世で成仏できますようにと祈りを捧げる対象となります。しかし、浄土真宗では、少し違った考え方をします。

浄土真宗には浄土真宗本願寺派(じょうどしんしゅうほんがんじは)や、真宗大谷派(しんしゅうおおたには)などいくつもの宗派がありますが、一部の例外を除いて、基本的には位牌を用いません。

▼詳しい内容と手配方法▼

浄土真宗の教え

浄土真宗には、「人は仏さまの導きにより、浄土に往生し仏となる」という教えがあります。
これは、浄土真宗のご本尊である阿弥陀如来を信じて奉ると決めた時点で、誰もが仏になれることが約束されているという教えです。

つまり、浄土真宗では、故人の魂は亡くなってすぐにこの世を離れ、成仏していると考えるため、魂が宿った位牌を仏壇に置いて供養していく必要がありません。

同様の理由から、「位牌の魂入れ」も行いません。

位牌の代わりに法名軸や過去帳

故人を偲んでお参りをしたい方のために、浄土真宗では「法名軸」や「過去帳」をすすめています。

法名軸とは

金襴や緞子などでできた 掛軸の中央に白無地の紙を表装したもので、仏壇店で購入するか、菩提寺の住職に用意してもらいます。

白木の位牌のお焚き上げ

通夜や葬儀で使った白木の位牌を忌明け後お寺に相談してお焚き上げしてもらうことは、他の宗派と同じです。
授かった法名は法名軸や過去帳に書き写して仏壇に安置します。

▼詳しい内容と手配方法▼
■関連記事
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (4 投票, 平均: 3.50 / 5)
読み込み中...

記事の制作・編集株式会社よりそう

よりそうは、お葬式やお坊さんのお手配、仏壇・仏具の販売など、お客さまの理想の旅立ちをサポートする会社です。

運営会社についてはこちら

※提供情報の真実性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。特に宗教や地域ごとの習慣によって考え方や対応方法が異なることがございます。

位牌・仏壇の購入をご検討の方はこちら

よりそうでは、位牌・仏壇・仏具の販売を行っております。ご購入を検討の方はこちらをご覧ください。

仏壇の売れ筋ランキング

位牌の人気ランキング

初心者でも安心 はじめてのお葬式に
役立つ資料プレゼント!

  • 費用と流れ
  • 葬儀場情報
  • 喪主の役割
パンフレット一式

記事カテゴリ

お葬式費用が最大7.7万税込お得※1

無料相談ダイヤル

スタッフ接客満足度No1※2

些細と思われることでもお気軽にお電話ください

0120-541-698
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ●※1 資料請求(会員登録)+事前・式後アンケート割引適用額
  • ●※2 2019年 葬儀手配サービス調査より 調査協力:(株)クロス・マーケティング

詳しい資料をお届け

お葬式プランや流れの詳細、近隣の葬儀場情報

ご家族とのご検討でご利用ください

資料を請求する無料かんたん入力45秒

  • 同時に会員登録され、3つの割引制度【最大7.7万円(税込)引き】を利用できます。

お葬式の準備をする

事前準備を行っておくと、万が一の際に慌てず安心で、さらに費用を抑えられます。

【5つの会員特典】よりそう会員(無料)になる

  • 1最大7.7万円割引(税込)
  • 2お葬式の詳細がわかる詳しい資料
  • 3近隣の葬儀場情報
  • 4初めての喪主ガイド
  • 5エンディングノート