終活の不安にワンストップでサポートします
  • 通話・相談無料
  • 24時間365日対応

百箇日(ひゃっかにち)法事・法要の香典、お供え、お布施について

  • 2022年04月11日

本記事では、百箇日について紹介します。
現在では四十九日のあとは、一周忌法要をされることがほとんどで、百箇日法要は省略されるケースが増えています。そのため、馴染みの無い方も多くいらっしゃらると思いますが、いざお呼びがかかった時に迷わないためにも、百箇日法要を開く意味や、香典、お供え、お布施について注意すべき点などをみていきましょう。

記事の監修

人はなぜ弔い、弔われるのか、葬送儀礼を意味のある営みとして理解し、私たちは次世代へ伝えていきます。葬送儀礼マナー検定実施中。

百箇日とは?

百箇日とは、「ひゃっかにち」と読み、故人がお亡くなりになられてから、百日目の事を言います。百箇日法要とは、その際に行われる法事・法要をさします。
四十九日の審判によって、故人が思いもよらない世界に行ってしまうことがあります。そのため、百箇日に「平等王(びょうどうおう)」による再審が行われるのですが、遺族や親族の供養がなければ救済を受けることは出来ないとされています。

こちらもおすすめ

百箇日で選んでOKとされるお供え物

百箇日は周忌が終わってから行われる法事・法要になりますので、「お供えできる種類や色の幅が広げられる」ということで花が良いと一般的に言われています。
生前、故人が好きだった花など、故人に所縁のあるお花をお供えすると良いでしょう。
ただ、故人を偲ぶ場ですので、派手にならないよう、淡い色や白い色のお花を混ぜるなどして工夫しましょう。

お花以外では、お茶や和菓子・石鹸やタオルなどが、よくお供え物として選ばれます。これらを選ぶ際にも、派手にならないようなシンプルなものを選びましょう。

▼詳しい内容と手配方法▼

百箇日でNGとされるお供え物

一般的に、殺生を意味する肉や魚などはNGとされています。また、ビールやたばこ等もNGとされています、一方で、果物や野菜など、農作物は良しとされています。

しかしながら、百箇日をもって、遺族は、「哭くことから卒する」とされていますので、生前に、故人が好きだったものをお供えすることは良いことと言われています。判断に迷うけれども、どうしてもお供えしたい物があった場合は、お寺さんにも相談してみましょう。

▼詳しい内容と手配方法▼

飲食物をお供えするときの注意点

飲食物をお供えするときの注意点として、なるべく日持ちする物をを選ぶようにしましょう。どうしても、生物などの腐りやすい食べ物などをお供えしたいときは、お供えをした後に、参列者で分けるなどして、その日のうちに持ち帰りましょう。

百箇日法要の服装

故人との関係にもよりますが、服装は喪服や礼服で参列するのがもっとも無難です。ただ、喪服や礼服などの用意が無い場合は、男性であればダークスーツやグレースーツ、女性であれば黒無地のワンピースやダークスーツを着用して参列しましょう。

こちらもおすすめ

百箇日法要での香典

会場や料理、故人との関係によって異なりますが、一人あたり1万円から1万5千円程度が相場と言われております。

こちらもおすすめ

百箇日法要でのお布施

3万円から5万円程度が妥当と言われております。

こちらもおすすめ
▼詳しい内容と手配方法▼

監修者のコメント

百箇日は地域によっては卒哭忌(そっこくき)と呼ぶところもあります。これは泣くことを卒業すると書きますが、少しずつ日常生活に戻る準備を始めるという意味で、この日から慶事への参加を可とする地域もあります。

まとめ

百箇日法要は、「卒哭忌(そっこくき)」とも言われており、遺族が悲しみで泣くことから卒業しようという意味合いがあります。
最近では、省略されてしまうことも多い百箇日ですが、節目の時期ですし、四十九日からしばらく経ち、この次は一周忌(死後1年目)となりますので、故人を偲ぶためにも集まれる方だけで故人を偲ばれてみては如何でしょうか。

百箇日に関するよくある質問

百箇日とはなんですか?
百箇日とは、「ひゃっかにち」と読み、故人がお亡くなりになられてから、百日目の事を言います。百箇日法要とは、その際に行われる法事・法要をさします。
百箇日法要に適した服装はなんですか?
故人との関係にもよりますが、服装は喪服や礼服で参列するのがもっとも無難です。ただ、喪服や礼服などの用意が無い場合は、男性であればダークスーツやグレースーツ、女性であれば黒無地のワンピースやダークスーツを着用して参列しましょう。
百箇日法要での香典相場はいくらですか?
会場や料理、故人との関係によって異なりますが、一人あたり1万円から1万5千円程度が相場と言われております。
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (45 投票, 平均: 3.82 / 5)
読み込み中...

記事の制作・編集株式会社よりそう

よりそうは、お葬式やお坊さんのお手配、仏壇・仏具の販売など、お客さまの理想の旅立ちをサポートする会社です。

運営会社についてはこちら

※提供情報の真実性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。特に宗教や地域ごとの習慣によって考え方や対応方法が異なることがございます。

法事・法要のお坊さんをお探しの方はこちら

四十九日法要や年忌法要にてお坊さんをお手配します

クレジットカード払いにも対応

資料請求等で、お葬式費用が最大9.9万※1安く

無料相談ダイヤル

お葬式の不安を解消します

些細と思われることでもお気軽にお電話ください

0120-541-696
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ●※1 資料請求(会員割)+あんしん準備シート割引額

詳しい資料をお届け

お葬式プランや流れの詳細、近隣の葬儀場情報

ご家族とのご検討でご利用ください

資料を請求する無料かんたん入力45秒

  • 同時に会員登録され、2つの割引制度【最大9.9万円(税込)引き】を利用できます。

安心とお得の葬儀事前準備

事前準備ができると、いざというときも安心。費用も抑えることができます。