終活の不安にワンストップでサポートします
  • 通話・相談無料
  • 24時間365日対応

お墓はいらない人が考える0葬、墓じまいという考え方

お墓はいらない人が考える0葬、墓じまいという考え方
  • [投稿] 2018年06月11日
  • [更新] 2021年05月06日

これまで、先祖が眠っているお墓は遺族や親族で管理・維持することが一般的でした。しかし、少子化や核家族化などが進む現代社会において、子どもたちがお墓を受け継ぎ、管理や維持し続けることは難しい時代になりつつあります。

また、お墓に対する考え方や価値観も多様化し、お墓はいらない人が「0葬」を考える機会や、お墓を手放す「墓じまい」をされる人が増えてきました。そこで今回は、0葬という考え方や墓じまいについて紹介します。

お墓や葬式が不要という0葬という考え方

「0葬(ゼロ葬)」といった言葉を耳にしたことがあるでしょうか?0葬(ゼロ葬)とは、故人に対するお通夜や葬儀を行わないことをいいます。

0葬を選択した場合、火葬だけ行い荼毘(だび)に付されたのち、遺骨は火葬場に処理してもらいます。この他にも、遺骨の処理については永代供養や自然葬(樹木葬)、散骨といった選択肢がありますが、各自治体の「火葬場条例」により、ある程度選択肢が限られているのが現状です。
0葬は全国各地で必ずしもできるというわけではありませんが、必要であれば各自治体や葬儀場などに問い合わせてみるとよいでしょう。

また、0葬の選択をした場合、これまで遺骨を埋葬する場所として存在していたお墓が不要となります。
お墓を建てるとなると、お墓の永代使用料や墓石の価格など、あわせて約200万円(全国平均)ほどかかります。葬儀を執り行った場合の費用(全国平均の200万円)と合わせ、故人を供養するための費用は、トータルで約400万円ほどかかるのが一般的です。

また、お墓を建てれば、お墓の維持お寺への管理費といった費用も継続的に支払わなければなりません。
0葬はコストの面で遺族や子孫に金銭的な負担がかからないという点で大きなメリットといえ、近年、残された家族のことを考え、生前から0葬を希望する方が増えてきました。

お墓を作る意味と、お墓を作る事で生じる問題点

家族を亡くし、落胆している遺族が故人を偲び、心のよりどころとなっている場所がお墓です。お墓参りを重ねることでその哀しみから徐々に気持ちが癒され、故人のいなくなった日々の生活に慣れていくのですが、同時に遺族はお墓の維持や管理をしていかなければなりません。

お墓はその家の先祖が代々永眠している場所です。一般的に家の跡継ぎが財産とともにお墓の維持・管理も引き継ぐことになります。

しかし、少子化、核家族化、非婚化が進んだ今では、お墓を作ったものの、お墓の跡継ぎがいなかったり、仕事の都合でお墓が遠方になってしまったりと、管理ができず荒れ果ててしまうお墓の数は少なくありません。非婚者や子どもがいない家庭も増えつつあります。お墓をつくることが必ずしも最善とはいえなくなってきました。

近年増えている墓じまいとは?

墓じまいとは、お墓を撤去して更地にし、霊園やお寺の管理者にお墓を返すことを言います。文字通り、お墓を閉じてしまうことから、墓じまいと呼ばれます。 墓じまいが増えている背景に、昔に比べ、生まれた地で一生を送る人が減り、都市圏に人が集まっていることが挙げられます。また、子供や孫、親戚が地元にいなく、高齢になりお墓参りも体に負担がかかりきつくなり、墓じまいをされる方も増えています。

墓じまいで生じる問題点

墓じまいをするにあたって問題点も出てきます。お墓には故人の遺骨が安置されていますので、遺骨の引っ越しが必要になります。 新たに移す先のお墓がある場合は特に問題ありませんが、0葬や墓じまいをした後に、お墓が無い場合には何かしらの供養をしなければなりません。

お墓はいらない時に選択する合同墓や納骨堂という供養

納骨堂

自宅での保管以外にも、合同墓や納骨堂を利用するという方法もあります。
合同墓とは、他の方の遺骨と一緒に収める墓のことです。個人でお墓を建てる必要がないので、費用は数万円から数十万円程度で済みます。
お寺や霊園に遺骨を送り(送骨し)永代供養してもらうスタイルですと、3万円ほどで済む場合もあります。お墓を管理する親族が遠方に住んでいるなど、頻繁に足を運べない場合、寺院や墓地の関係者が管理してくれる合同墓は安心できる選択肢でしょう。

納骨堂は、寺院などの中にあり遺骨を預かって安置する場所のことを言います。埋葬ではなく収蔵による供養であり、墓石を購入するよりも費用は安くなります。
建物の中にあることがほとんどであり、雨の日や雪の季節など、天候に左右されずいつでも訪れることが出来るところも長所です。

お墓がいらない人は、自宅で遺骨を保管することもできる

では、従来通りの方法でお墓を建てなくてはいけないのかというと、そうではありません。墓地として認められた場所以外へ埋葬しない限り、骨壺に入れた遺骨を期限なく自宅で保管することは法律違反ではないのです。

お墓を持たない人やお墓を建てる余裕のない人が、自宅の仏壇の中などに骨壺を保管しているケースは、意外に多いのです。
近年では、手元供養という言葉も聞かれるようになり、遺骨の一部をペンダントに入れられるように加工し、持ち歩くという人も増えてきています。
遺骨と離れがたいという人も、いらっしゃるでしょう。そのような場合には手元に置いてもよいのですし、それらの方法も法律的には問題のない、認められている供養法です。

必ずしもお墓を作る必要はない!散骨という方法もある

散骨とは、遺骨を海や山に撒いて供養する方法のことです。木の根元に遺骨を埋める、樹木葬という方法もあります。
亡くなられた方が生前に好きだった場所へ遺骨を撒いてほしいと希望する場合も多くなってきています。埋めてほしい樹木を、生前にご自身で探しておく人もいらっしゃいます。

散骨には法的な決まりはないのですが、一般的に遺骨は粉骨し遺灰とした上で、散骨場所や周囲の状況に配慮することが大切になります。法的には問題がなくても、マナーの面で気を付けることが出てくる場合もあります。
粉骨作業を業者に依頼し、散骨だけを自身で行うということもできます。
散骨に関しては、自治体によっては禁止していたり許可が必要な場合もあるので、事前の確認が大切になるでしょう。

まとめ

今回、お墓の必要性とさまざまな埋葬方法をご紹介しました。時の流れとともに、お墓に対する考え方も変わります。選択肢が広がってきた現代では、自分や残された遺族に合った埋葬方法を選ぶことが容易になりました。

大切な家族へ最後に行う思いやりの気持ちの表れが、お墓がいらない、作らないの選択肢なのかもしれません。まだ新しい供養の方法ですので、家族や親族において受け入れ難いと感じる方もいるかもしれません。0葬を考えている方は、生前、家族や親族とよく話し合い、お互いが納得した上で執り行うことが重要です。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (11 投票, 平均: 5.00 / 5)
読み込み中...

記事の制作・編集株式会社よりそう

よりそうは、お葬式やお坊さんのお手配、仏壇・仏具の販売など、お客さまの理想の旅立ちをサポートする会社です。

運営会社についてはこちら

※提供情報の真実性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。特に宗教や地域ごとの習慣によって考え方や対応方法が異なることがございます。

お葬式の準備がまだの方

初心者でも安心 はじめてのお葬式に
役立つ資料プレゼント!

  • 費用と流れ
  • 葬儀場情報
  • 喪主の役割
パンフレット一式

記事カテゴリ

お葬式費用が最大7.7万税込お得※1

無料相談ダイヤル

スタッフ接客満足度No1※2

些細と思われることでもお気軽にお電話ください

0120-541-696
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ●※1 資料請求(会員登録)+事前・式後アンケート割引適用額
  • ●※2 2019年 葬儀手配サービス調査より 調査協力:(株)クロス・マーケティング

詳しい資料をお届け

お葬式プランや流れの詳細、近隣の葬儀場情報

ご家族とのご検討でご利用ください

資料を請求する無料かんたん入力45秒

  • 同時に会員登録され、3つの割引制度【最大7.7万円(税込)引き】を利用できます。

お葬式の準備をする

事前準備を行っておくと、万が一の際に慌てず安心で、さらに費用を抑えられます。

【5つの会員特典】よりそう会員(無料)になる

  • 1最大7.7万円割引(税込)
  • 2お葬式の詳細がわかる詳しい資料
  • 3近隣の葬儀場情報
  • 4初めての喪主ガイド
  • 5エンディングノート