終活の不安にワンストップでサポートします
  • 通話・相談無料
  • 24時間365日対応

野辺送りの意味と、参列する順番や服装

  • [投稿] 2018年09月10日
  • [更新] 2021年05月06日
遺影

「野辺送り」という言葉を聞かれたことはありますか。
一度や二度、耳にしたことはあるという方は多いかと思いますが、実際、どのようなものなのか正確には分からないという方が多いのではないでしょうか。
本記事では、昔の野辺送りに加え、現在の野辺送りの形についてご紹介していきます。

野辺送りの意味

野辺送りとは、故人のご遺体を火葬場または埋葬地まで運び送ることを意味します。
野辺送りの「野辺」とは埋葬のことを指します。

火葬が一般的になる以前は、自宅での葬儀を執り行った後、ご遺体を埋葬するために、親族や地域の人が棺桶を担いで埋葬地へ運び埋葬していたため、「野辺送り」と言われていました。

しかし、火葬が一般的となった現在、一部の火葬設備を持っていない山間部や離島などを除いては、棺桶を担いで移動することは、ほとんどなくなってしまいました。
代わりに、遺族や会葬者はバスや車で霊柩車の後ろに付いて火葬場まで移動するようになりました。

野辺送りの現状

まだ土葬が一般的だった日本では、人が亡くなると町内会や村全員が葬儀に関わっていました。葬式全てを、町もしくは村全体で執り行っていました。
葬式の最後となる葬儀では、故人の入った棺桶を埋葬する場所まで運んでいたのです。

しかし、葬儀の形の変化に伴い、葬列を組んで行う「野辺送り」というものは、一部の地域を除いて無くなってしまいました。

野辺送りに参列する順番

霊柩車

昔の野辺送りに参列する人には、それぞれ持ち物によって役割が割り当てられ、参列の順番は役割で決まっていました。

まずは、先頭に松明もしくは高張提灯を持った人が立ち、次に籠を持った人が続きます。
籠の中には小銭や散華(紅白の紙ふぶき)が入っており、通り道に振りまきながら歩きます。
振りまくことで故人の魂をしずめ、穢れを祓い地域に災厄が起きないようにしています。

後に、町内会の旗や弔旗が続き、紙で作った蓮華花が続きます。

その後に、枕飯や水桶、香炉などのお供物を持つお膳持ち、衆僧(衆徒)、導師(葬儀を執り行った僧侶)、お位牌持ち、天蓋持ち、棺桶、親近者の女性、一般参列者と続きます。
この中でも、紙華(しかばな)持ち、飯持ち、水桶持ち、香炉持ち、天蓋持ち、位牌持ちは「葬列六役」と呼ばれ、大変重要な役割を担います。
地域によっては、先頭を歩く松明持ちを含めて「葬列七役」と呼ぶところもあるようです。

現在のスタイル

山間部や辺境の町や村など一部地域では今も昔ながらのスタイルで行われていますが、現在の多くの地域では、遺族や親族が霊柩車の後ろをマイクロバスやタクシーもしくは自家用車などで移動します。
その場合の一般的な乗車の順番は、霊柩車には運転手と喪主もしくは葬儀の担当者、その後の車には故人とのつながりが深いもしくは親しかった順番に遺族、親族が乗ります。
僧侶は霊柩車の後ろの車に乗ることもありますが、自家用車で移動されることが殆どです。

野辺送りの服装

現在は、喪主を含め参列者全員、喪服を着用が一般的となります。

ただ、昔ながらの一部地域で行われる野辺送りの服装は、位牌持ち、棺桶持ち、天蓋持ちの三役は、白の上衣に草履を履きます。
また、喪主の多くは晒木綿の白衣を着用します。

まとめ

野辺送りについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
テレビなどで見たことがある方もいらっしゃったかもしれませんが、実際に参列する方々の役割や並び順、服装については、現在は語り継がれることもなくなってしまいました。

時代の流れというものは、社会事情や住宅事情だけでなく、葬儀の形も大きく変わってきたことで、野辺送りというものの形も変わってきました。

土葬が一般的だったところから、法律で火葬が義務づけられてからの葬儀の形の変化、そして家族と町内会との関わり方など、時代の移り変わりと供に変わってはいるものの、故人と遺族の関係は変わりません。
現在でも遺族にとって「野辺送り」はとても大切なものとなります。
ぜひ、心を込めて故人をお見送りしましょう。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (4 投票, 平均: 4.80 / 5)
読み込み中...

記事の制作・編集株式会社よりそう

よりそうは、お葬式やお坊さんのお手配、仏壇・仏具の販売など、お客さまの理想の旅立ちをサポートする会社です。

運営会社についてはこちら

※提供情報の真実性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。特に宗教や地域ごとの習慣によって考え方や対応方法が異なることがございます。

お葬式の準備がまだの方

初心者でも安心 はじめてのお葬式に
役立つ資料プレゼント!

  • 費用と流れ
  • 葬儀場情報
  • 喪主の役割
パンフレット一式

記事カテゴリ

お葬式費用が最大7.7万税込お得※1

無料相談ダイヤル

スタッフ接客満足度No1※2

些細と思われることでもお気軽にお電話ください

0120-541-703
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ●※1 資料請求(会員登録)+事前・式後アンケート割引適用額
  • ●※2 2019年 葬儀手配サービス調査より 調査協力:(株)クロス・マーケティング

詳しい資料をお届け

お葬式プランや流れの詳細、近隣の葬儀場情報

ご家族とのご検討でご利用ください

資料を請求する無料かんたん入力45秒

  • 同時に会員登録され、3つの割引制度【最大7.7万円(税込)引き】を利用できます。

お葬式の準備をする

事前準備を行っておくと、万が一の際に慌てず安心で、さらに費用を抑えられます。

【5つの会員特典】よりそう会員(無料)になる

  • 1最大7.7万円割引(税込)
  • 2お葬式の詳細がわかる詳しい資料
  • 3近隣の葬儀場情報
  • 4初めての喪主ガイド
  • 5エンディングノート