終活の不安にワンストップでサポートします
  • 通話・相談無料
  • 24時間365日対応

初彼岸を行う時期・服装・お供え・香典について

初彼岸を行う時期・服装・お供え・香典について
  • [投稿] 2018年08月02日
  • [更新] 2021年05月07日

初彼岸という言葉を知っていますか。人が亡くなってから初めて迎えるお盆である新盆などはよく聞いたことがあるでしょうが、初彼岸についてはよくわからないという人も多くいます。
初彼岸とはなんなのでしょうか。なにか特別なことをしなければいけないのかと悩んでいる人も少なくありません。
今回は、初彼岸を行う時期やどのようなことをしたらいいのか、服装の決まり、香典についてなど、初彼岸について詳しく解説していきます。

初彼岸とは?いつ行うの?

初彼岸とは、人が亡くなって四十九日が過ぎた後、初めて迎えるお彼岸のことを言います。ですから、四十九日が明ける前にお彼岸を迎えたとしても、一般的には初彼岸とは言いません。あくまでも四十九日の後ということですので、亡くなった時期によっては初彼岸は翌年になるということもあるでしょう。
お盆も同様の考え方で、四十九日が過ぎてから初めて迎えるお盆を「新盆」と呼んでいます。

お彼岸はいつなのかというと、これはその年によって違います。お彼岸は春と秋、二回あるのですが、3月の春分の日と9月の秋分の日を中心にして前後3日間をお彼岸と呼んでいるのです。
つまり、お彼岸はそれぞれ7日間ということになります。お彼岸の始まりを「彼岸の入り」として、春分の日と秋分の日を「中日(なかび、ちゅうにち)」、そしてお彼岸の最終日を「彼岸明け」と呼びます。

初彼岸で行うこと

初彼岸では何をしたらいいのかわからないと悩んでいる人も多いでしょうが、初彼岸について特別に何かをしなければならないという決まりはありません。
新盆では祭壇を飾ったりお坊さんや親せきを呼んで法要を行うのが通常ですが、初彼岸ではそのような特別な法要を行う必要はないでしょう。

普段のお彼岸と同じように、お墓参りをしたりお供えをしたりということで十分でしょう。

地域の慣習でお坊さんを呼んで法要をするという場合には、お布施として3万~5万円を包むのが一般的です。

初彼岸の服装

初彼岸を迎える場合の服装は、一般的には平服、普通の服装で大丈夫でしょう。
普通の服といっても、お客様を迎える場合や訪問する場合にはある程度のマナーが必要です。

男性であれば落ち着いた色のシャツにズボン、女性なら落ち着いた色のブラウスにスカート、またはワンピースなど華美なものを避けるようにするといいでしょう

法要を行うという場合には平服ではマナー違反になりますので、礼服を着ていくようにしてください。

初彼岸のお供えに適した品物と金額相場

初彼岸のお供え物として適しているのは、果物やお菓子、お線香などがいいとされています。家族の人数が少ない場合などは、すぐに食べきれないケースも多いので日持ちのするものを選ぶといいでしょう。

無難なのは線香です。線香は必ず使うものですし、悪くなるものでもありませんから遺族からも喜ばれます。

金額の相場としては3.000円~5,000円程度になるでしょう。

初彼岸のお返しは不要という考え方もありますが、今後の付き合いなども考えてお返しをしておくという場合も多くあります。その場合には、香典やお供え物の三分の一程度の金額でお返しするようにしましょう。

初彼岸に関する疑問

初彼岸では法要は行わないの?
初彼岸では、特別な法要などは行わないのが一般的です。これは、お彼岸が本来仏教とは関係がないものだからです。
お盆は仏教の中で法事の一種とされていますが、お彼岸は雑節と言って季節や時期を表すものになっています。
そのため、特別なことをする決まりがありません。家族や親せきなど親しい人のみで集まるというケースもあるようですが、新盆のような法要が行われないケースの方が多くなっています。
しかし、地域やその家々で考え方は違ってきます。初彼岸でも法要を行うという場合もあるので、確認しておくといいでしょう。
香典は必要なの?金額相場は?
お線香をあげに訪問するという場合には、お供え物か香典、どちらかを供えるというのが一般的です。
地域によってはどちらも持って行くという場合もあるので、こちらも確認しておくと安心でしょう。
香典の相場はお供え物と同じで、3,000円~5,000円となっています。
初彼岸でお供えする時の、のしの表書きはどう書くの?
お供え物ののしは、黒白、双銀、または黄白の結び切りのものを使いましょう。表書きには「御供」と記して、下に自分の名前を書くのが一般的です。
香典の場合には、黒白、双銀、または黄白の結び切りの不祝儀袋に「御仏前」、自分の名前となります。間違えて「御霊前」と書いてしまう人もいますが、これは四十九日が過ぎていない場合に使う表書きですから注意してください。

まとめ

このように、初彼岸では特別な法要などは一般的には行われないというケースが多くなっています。家族や親せきでお墓参りに行く、仏壇にお供え物をするといったように、通常のお彼岸と同じようなことをすれば大丈夫です。
しかし、お線香をあげに親族がくるという場合もありますし、地域によっては法要をする場合もあるので、慣習などを確認しておいてください。

初彼岸は新盆のように大々的な法要をする習慣はありませんから、家族や親しい親族のみで静かに故人の冥福を祈り、故人への感謝を伝えるようにしましょう。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (28 投票, 平均: 4.54 / 5)
読み込み中...

記事の制作・編集株式会社よりそう

よりそうは、お葬式やお坊さんのお手配、仏壇・仏具の販売など、お客さまの理想の旅立ちをサポートする会社です。

運営会社についてはこちら

※提供情報の真実性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。特に宗教や地域ごとの習慣によって考え方や対応方法が異なることがございます。

法事・法要のお坊さんをお探しの方はこちら

初心者でも安心 はじめてのお葬式に
役立つ資料プレゼント!

  • 費用と流れ
  • 葬儀場情報
  • 喪主の役割
パンフレット一式

記事カテゴリ

お葬式費用が最大7.7万税込お得※1

無料相談ダイヤル

スタッフ接客満足度No1※2

些細と思われることでもお気軽にお電話ください

0120-541-699
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ●※1 資料請求(会員登録)+事前・式後アンケート割引適用額
  • ●※2 2019年 葬儀手配サービス調査より 調査協力:(株)クロス・マーケティング

詳しい資料をお届け

お葬式プランや流れの詳細、近隣の葬儀場情報

ご家族とのご検討でご利用ください

資料を請求する無料かんたん入力45秒

  • 同時に会員登録され、3つの割引制度【最大7.7万円(税込)引き】を利用できます。

お葬式の準備をする

事前準備を行っておくと、万が一の際に慌てず安心で、さらに費用を抑えられます。

【5つの会員特典】よりそう会員(無料)になる

  • 1最大7.7万円割引(税込)
  • 2お葬式の詳細がわかる詳しい資料
  • 3近隣の葬儀場情報
  • 4初めての喪主ガイド
  • 5エンディングノート