終活の不安にワンストップでサポートします
  • 通話・相談無料
  • 24時間365日対応

チベットでおこなわれている鳥葬の特徴って?日本ではできるものなの?

チベットでおこなわれている鳥葬の特徴って?日本ではできるものなの?
  • [投稿] 2018年09月07日
  • [更新] 2021年05月06日

日本では火葬で葬儀が行われるのが一般的ですが、チベットには「鳥葬」と呼ばれている葬儀があります。
日本ではあまりなじみのない葬儀ですが、動画や画像で見た事がある人もいるかもしれません。
今回はそんな鳥葬について、具体的にどのような事をする葬儀なのか、日本で行う事は可能なのかなどについてまとめていきます。

チベットの鳥葬の特徴とは一体?現在もおこなわれているの?

鳥葬はチベット地方や内モンゴル地方で古くから行われており、現在も行われている最も一般的な葬儀です。
岩山などが多く埋葬の為に地盤を掘る事が難しく、また寒冷地でもあるので埋葬できても微生物による分解が進みません。
他にも火葬に必要な大量の薪を用意するのが難しいなど、環境的な理由が鳥葬が広まった理由の1つとされています。

鳥葬の流れとしては、まず僧侶が死者の魂を肉体から抜くためにお経を唱えます。
魂が抜けた肉体は「祈りの旗」という布が無数にかけられた鳥葬台に運ばれ、専門の職人によって細かく裁断されるのです。
裁断された肉体は骨まで細かく砕かれ、余す事なく全てをハゲタカなどに与えられ食べつくされます。
また鳥葬には、家族は参列しないのが一般的なようです。

チベットでは、鳥葬によって他の生命に肉体を与える事が最上の供養であるとされています。生きる為に他の生命をたくさん奪ってきた人間でも、死んだ後の肉体を他の生命(ハゲタカ)に与える事で前世の罪が洗い流されると考えられているのです。
また鳥葬によって肉体は天に行くとされているので、魂が抜けた後の肉体を天に届けるという意味も持っています。

日本で鳥葬を行うのは可能性なのか?

日本には鳥葬の習慣はありませんが、以前より日本でも鳥葬について知っている人が増えた事で鳥葬を行いたいと考える人も出てきています。
しかし、日本では鳥葬を行う事はできません。鳥葬を行う事で法律に触れ、違法になってしまう可能性があるからです。

日本では葬送に関する規定が、「墓地、埋葬等に関する法律(昭和23年法律第48号)」という法律によって定められています。
この法律には埋葬(土葬)と火葬の事について書かれており、どちらを行うにも市町村の許可が必要だとしています。
埋葬と火葬以外の葬送方法については明確な記載はありませんが、基本的に勝手に死体を葬送する事はできないです。

また鳥葬は刑法の「死体遺棄罪」や「死体損壊罪」に当たる可能性もあります。
江戸時代の前期までは、日本でも「野葬」という死体を野に放置し鳥や動物に食べさせていた方法が実在したようですが、現代の日本ではこのような葬送は法律上行うことはできなくなっています。

日本では一般的ではない!海外ならではのユニークな葬儀

チベットで行われている鳥葬以外にも、日本ではなじみのない葬儀が海外では行われています。ユニークでありながらも意味がある葬送方法なので、それぞれの意味や特徴をまとめていきます。

風葬

遺体を放置して風化を待つ葬儀。主に宗教上の理由や、埋葬や火葬する場所がない事で広まりました。
オーストラリアや北アメリカ、東南アジアで行われており、かつて日本の沖縄でも行われていた葬儀です。今もバリ島のバリ・アガの村トゥルニャンでは風葬が引き継がれています。

獣葬

マサイ族に伝わる伝統的な葬儀。ハイエナなどに死後の肉体を食べさせる事で、自然に力を返すという意味を持っています。
基本的には土地に墓を建てる事が良くないと考えられていますが、キリスト教の普及によって埋葬するマサイ族も増えてきています。

ジャズ葬

その名の通りジャズを演奏しながら故人を送る葬儀。楽しく歓喜しながら故人を送る事によって、残された遺族が強く生きられるようにとの願いが込められています。
アメリカのニューオリンズからジャズ葬が広まっていきました。

ハンキング・コフィン

現在はもう行われることはありませんが、フィリピンのサガタエリアにいる少数民族が古くから行っていた葬儀です。
少しでも天に近いところへ祀るため、棺桶ごと崖から吊るしたとされています。

食べる葬儀

オーストラリアの先住民であるアボリジニの伝統的な葬儀で、遺族や友人が故人を食べて送る葬送です。
現在は伝染病などを防止するため、オーストラリア政府によって禁止されています。

水葬

インドやチベットで行われている葬儀で、遺体を川へと流す方法です。実は日本でも、航行中に船の中で人が亡くなった場合は水葬ができると規定されています。
しかし水葬をするためには満たさなければいけない条件が多く、実際はあまり行われる事はないようです。

葬儀とはそれぞれの国や地域の考え方に基づいて行われています

棺

日本では火葬による葬儀が99.94%とされており、ほぼ全ての葬儀が火葬によって行われています。
世界には様々な葬儀がありますが、中には日本から見ると理解しづらい葬儀も存在しています。しかし一見理解できない葬儀だとしても、それぞれにしかっりとした意味や環境に適している要因があります。
葬儀がどんなやり方だとしても、故人の為に供養している事に変わりはないのです。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (19 投票, 平均: 4.90 / 5)
読み込み中...

記事の制作・編集株式会社よりそう

よりそうは、お葬式やお坊さんのお手配、仏壇・仏具の販売など、お客さまの理想の旅立ちをサポートする会社です。

運営会社についてはこちら

※提供情報の真実性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。特に宗教や地域ごとの習慣によって考え方や対応方法が異なることがございます。

お葬式の準備がまだの方

初心者でも安心 はじめてのお葬式に
役立つ資料プレゼント!

  • 費用と流れ
  • 葬儀場情報
  • 喪主の役割
パンフレット一式

記事カテゴリ

お葬式費用が最大7.7万税込お得※1

無料相談ダイヤル

スタッフ接客満足度No1※2

些細と思われることでもお気軽にお電話ください

0120-541-694
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ●※1 資料請求(会員登録)+事前・式後アンケート割引適用額
  • ●※2 2019年 葬儀手配サービス調査より 調査協力:(株)クロス・マーケティング

詳しい資料をお届け

お葬式プランや流れの詳細、近隣の葬儀場情報

ご家族とのご検討でご利用ください

資料を請求する無料かんたん入力45秒

  • 同時に会員登録され、3つの割引制度【最大7.7万円(税込)引き】を利用できます。

お葬式の準備をする

事前準備を行っておくと、万が一の際に慌てず安心で、さらに費用を抑えられます。

【5つの会員特典】よりそう会員(無料)になる

  • 1最大7.7万円割引(税込)
  • 2お葬式の詳細がわかる詳しい資料
  • 3近隣の葬儀場情報
  • 4初めての喪主ガイド
  • 5エンディングノート