顧客満足度No.1自社調べ

  • 無料相談ダイヤル
  • 24時間365日対応

宮城県の葬儀場を探す

宮城県の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を、地域・エリア別にご案内いたします。

宮城県での葬儀の風習・事情

出棺の風習

日本の幽霊や死んだ人は昔から頭に三角の布を付けていますが、これは死装束の「宝冠(ほうかん)」または「天冠(てんかん)」と言われるものです。この死者が頭につける風習は全国各地に点在していますが、地域によって様々な違いがあります。宮城県の場合は、故人が収められている棺を火葬場まで送り出す「出棺」の際、男性が白い三角形の布、女性は白い頭巾をかぶります。これには、同じ格好をすることで「旅立ちまで送り届ける」という思いと、「そこから先はあなた一人で旅立ってください」という成仏の願いが込められているのです。

葬儀の運営

都会は人との関係や地域住民同士の関係が希薄だと言われています。そのため、近隣組織が協力して葬儀全般を取り仕切るということが少なくなりました。一方、地方では近所関係が深く、今でも近隣組織が強力に機能していることがあります。宮城県では、「契約講」や「講中」と呼ばれる信仰者の集まりや近所の組織などが活動をすることもあります。契約講などが葬式を執り行うということは「仕事よりも大切なものだ」と、地域によっては考えられているようです。

葬儀の風習

「通夜振舞い」とは故人を偲ぶため、お通夜の後に参列者と一緒に行う食事会のことです。通夜振舞いは地域によってさまざまな風習があり、振る舞われる料理にはちょっとした違いや特徴があります。宮城県のお通夜では「白ぶかし」が出されます。これは、もち米に白ササゲと呼ばれる小豆を混ぜて蒸かしたおこわのようなものです。通夜振舞いは、元々死者に御馳走を出して再生を願うという意味がありました。しかし、現在では故人の前で思い出を語り合い、亡くなった人を偲ぶための最後の食事会という意味になっています。

宮城県の葬儀場情報

宮城県の火葬場情報

宮城県のお葬式事例

早めの資料請求・ご相談でお葬式費用が最大60,000円税抜安く

※資料請求(事前割申込)+
事前・式後アンケート回答の方

無料相談ダイヤルスタッフ
接客満足度No.1

些細なことでもお気軽にお電話ください

0120-541-703

  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ※2019年 葬儀手配サービス調査より
    調査協力: 株式会社クロス・マーケティング
  • 緊急の方はこちら

まずは資料請求簡単45秒で入力

費用や流れをわかりやすくご案内します

資料請求する(無料)

かんたん入力45秒
NHKなどのメディアで紹介されました