灯篭とは

カテゴリー 用語集

PR
お坊さん手配サービス

灯篭(とうろう)

灯篭(とうろう)とは、明かりを灯すために使用されるもので、仏前や神社の灯火を風から守り火を消さないようにするための木枠などで囲った形状をしている。
野外用のものもあり、石灯篭や金属製の銅灯篭など丈夫な素材でできているものも存在している。

灯篭のタイプとしては、台に立てておくタイプと上から吊り下げるタイプの2種類に分かれる。
墓地で使用する灯篭は丸いタイプのもの、神社では角形のものを使用することが多い。

光はかつては油やろうそくに火を灯して用いられていたが、現在では安全上の問題から、電球などを光源とすることが多い。
灯篭には、様々なタイプのものが登場していて、日本庭園のモニュメントとして飾られるタイプも登場している。
広島県では、色とりどりの色紙で作って暮石の周りにたくさん飾り付けられている。

基本的な、灯篭の考え方としては、祖霊に灯りをともして、暗いあの世で迷うことのないようというのが目的である。

まだ評価はありません

この記事はよりそうのお葬式が書いています
お葬式の無料相談
24時間365
ご相談受付中
0120-541-699
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申込みで費用が最大6万円(税抜)割引
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が最大6万円(税抜)割引
エンディングノートプレゼント!!
お坊さんの手配が必要な方はこちら
お坊さん手配サービス

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-699
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

copyright © 2020,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.