市民葬・区民葬で葬儀費用を安く抑える

市民葬・区民葬は本当に安い?区民葬・市民葬とは、それぞれの自治体により設定された低額の葬儀プラン統一制度のことです。

市民葬・区民葬を選ぶ前に、知っておいていただきたい事

自治体が取り決めた定額で葬儀ができるのが「市民葬・区民葬」です

市や区が予め定めた価格で葬儀を執り行える「市民葬・区民葬」という葬儀形態があります。
これは各自治体が、指定する葬儀社と価格を取り決めているもので、葬儀の運営主体はたいていは自治体と取扱契約を提携した指定葬儀社が行います。
ご利用いただく条件として、所得制限はなく故人あるいは喪主がその自治体に住んでいられることのみです。

価格は抑えられますが、必ずしも”最安値”ではありません

多くの方が誤解されているのが、市民・区民葬だから低価格であるという思い込みです。
もちろん自治体が取り決めている価格なので、相場を大きく上回るといったことはなく、条件次第では低価格で葬儀をあげることが可能です。
ただし、抑えておかなければならないのは、市民・区民葬で定額に定められているのは一部の物品・サービスのみであるという点です。
それ以上の内容を希望される場合は、追加費用がかかってきます。追加分の価格は葬儀社ごとに異なりますので、必ずしも低価格になるとは限りません。

意外と知られていない『市民葬・区民葬のメリット・デメリット』

メリット
  • 一部の物品・サービスを定額で利用できる
  • 自治体の基準を満たした葬儀社に対応してもらえるので安心
  • 指定の葬儀社が対応するため法外な追加費用がかかる心配は無い
デメリット
  • 棺等の葬具は質素な場合がある
  • 定額の物品・サービスの価格は必ずしも最安値ではない
  • 追加費用が発生すると高額になる場合がある
  • 斎場を指定している自治体がある
  • 公営斎場指定の場合、祭壇は白木祭壇に限られる
  • 会葬者への料理や返礼品等を、禁止している自治体もある

※上記はあくまで一例です
※市民葬・区民葬を行なっていない自治体もあります。
※内容は自治体によって異なりますので、必ずご自身の住まわれる自治体にご確認ください。

お葬式を安く済ませる、3つの国・自治体の制度

葬儀についてのご相談、ご依頼、お見積りはこちらまで
  • ご質問・ご相談
  • 葬儀のご依頼
  • 資料の請求
copyright © 2021,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.