終活の不安にワンストップでサポートします
  • 通話・相談無料
  • 24時間365日対応

喪主の役割とは?挨拶はどうすればいい?知っておきたいマナーなど気になる疑問点を解説!

喪主の役割とは?挨拶はどうすればいい?知っておきたいマナーなど気になる疑問点を解説!
  • 2021年09月14日

葬儀で喪主を経験することは人生でそう多くはありません。
そのため、いざ喪主を務める場合、知らないことも多く戸惑うことも多々あります。今回は喪主の役割や挨拶、知っておきたいマナーなどの記事をまとめました。
いざとゆうときに備え一読していただけますと幸いです。

施主と喪主の違いとは?葬儀においての役割と選び方について解説

お葬式に参列する機会はあっても、自分が喪主になる機会はそうありません。葬儀を執り行う場合、喪主(もしゅ)と施主(せしゅ)を決めなくてはならないのですが、その違いがよくわからないという声も聞かれます。また、誰が務めるべきなのかわからないという方もいらっしゃるでしょう。
当記事では、喪主と施主の役割、そしてその決め方などについて紹介していきます。


喪主?親族? 葬儀の費用は誰が負担するの?

身内に不幸があった場合、一番気がかりになるのは「葬儀費用」という方も多いと思います。費用負担については一般的に喪主が全て負担すると思われがちですが、その他の人が負担するケースもあります。
本記事では、喪主が負担しなければならない場合、親や兄弟姉妹など親族の負担が必要な場合など、それぞれのケースについて解り易くご説明させていただきます。


出棺の流れ・マナーと喪主の挨拶例文

出棺とは葬儀や告別式のあとに、ご遺体を火葬場まで運ぶことを言います。テレビドラマやニュースで棺を霊柩車に運ぶシーンを目にすることもあるので、なんとなくのイメージはつくでしょう。しかし、この出棺にもきちんとした手順やマナーがあります。

本記事ではこれからお葬式をあげる方や、将来の為にお葬式について学びたい方に、出棺についての流れやマナー、喪主の挨拶例文を大まかではありますが紹介します。


喪主を代理に頼むことは可能か?代理に頼むべき人とは?

故人に代わり、弔問を受けるのが喪主のおもな務めであり、誰が喪主を務めるのかは早めに決めることが大切です。故人の遺志を引き継ぎ、葬儀後も故人の供養を中心になって行います。

では、その喪主にあたる人物が病気になってしまったなどやむを得ない理由で葬儀に出られない場合、どのように喪主を決めたら良いのでしょうか。また、喪主の代理を依頼することは可能なのでしょうか。

本記事では喪主の代理を頼む際に注意すべきことや、代理を頼まれた喪主が気をつけるべきことについて紹介します。


喪主の挨拶 知っておきたい葬儀・告別式の挨拶例・文例・言葉のマナー

はじめて喪主を務めるときは、分からないことが多いものです。葬儀・告別式で喪主が挨拶をする際には、どうしたらよいのでしょうか。

基本としては、故人の冥福を祈り、別れを告げる最後の言葉として、そして遺族代表として、参列してくださった会葬者の皆さまへ、素直な感謝の気持ちを伝えます。宗教、宗派によって、また故人の意思を尊重した儀式に適した言葉を述べるということも大切です。

本記事では立場が夫、妻、子供、孫、友人知人など、喪主と故人の関係ごとに、基本的な挨拶例と文例をご紹介します。


【通夜式での挨拶文例】喪主なら知っておきたい葬儀マナー

はじめて喪主を務めるときは、分からないことが多いものです。お通夜での喪主挨拶は、どのように述べればよいのでしょうか。

通夜に会葬してくださる方々は、故人と近しい、もしくは親しい関係の方が多い分、遺族代表として喪主は気を遣うことも多いのではないでしょうか?喪主や喪主代理は、通夜や葬儀・告別式で弔問者への「挨拶」が必要になります。

本記事では、通夜、通夜ぶるまい、葬儀・告別式での一般的な挨拶の文例、ポイントを解説します。文例をテンプレートとしてもお使い頂けますので、必要な際に参考にしてみてください。


「精進落とし」とは何をする?当日の流れと挨拶などやるべきこと

葬式や法要の後に参列者に対して料理をふるまう会食、精進落し(しょうじんおとし)、精進揚げ(しょうじんあげ)

本記事では、精進落としには誰を呼ぶべきか、作法やマナー、料理のメニューや金額相場、挨拶の例、そして香典返しとの関係など、精進落しに関する基本的なマナーをご解説します。
当日の挨拶の例文も合わせてご紹介しますので、ご参考ください。


1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (2 投票, 平均: 5.00 / 5)
読み込み中...

記事の制作・編集株式会社よりそう

よりそうは、お葬式やお坊さんのお手配、仏壇・仏具の販売など、お客さまの理想の旅立ちをサポートする会社です。

運営会社についてはこちら

※提供情報の真実性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。特に宗教や地域ごとの習慣によって考え方や対応方法が異なることがございます。

お葬式の準備がまだの方

初心者でも安心 はじめてのお葬式に
役立つ資料プレゼント!

  • 費用と流れ
  • 葬儀場情報
  • 喪主の役割
パンフレット一式

記事カテゴリ

お葬式費用が最大7.7万税込お得※1

無料相談ダイヤル

スタッフ接客満足度No1※2

些細と思われることでもお気軽にお電話ください

0120-541-706
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ●※1 資料請求(会員登録)+事前・式後アンケート割引適用額
  • ●※2 2019年 葬儀手配サービス調査より 調査協力:(株)クロス・マーケティング

詳しい資料をお届け

お葬式プランや流れの詳細、近隣の葬儀場情報

ご家族とのご検討でご利用ください

資料を請求する無料かんたん入力45秒

  • 同時に会員登録され、3つの割引制度【最大7.7万円(税込)引き】を利用できます。

お葬式の準備をする

事前準備を行っておくと、万が一の際に慌てず安心で、さらに費用を抑えられます。

【5つの会員特典】よりそう会員(無料)になる

  • 1最大7.7万円割引(税込)
  • 2お葬式の詳細がわかる詳しい資料
  • 3近隣の葬儀場情報
  • 4初めての喪主ガイド
  • 5エンディングノート