巫女とは

[投稿日]
2018年08月01日
[最終更新日]
2019年12月17日
お坊さん手配サービス

巫女(みこ)

巫女(みこ)とは、神に仕える女性のこと。「古事記」や「日本書記」に登場するなど、その歴史は古い。
また、平安末期の絵巻物「年中行事絵巻」にも、舞を踊り祭礼で行列に参加する巫女の姿が記されている。

巫女には「口寄せ巫女」と「神社巫女」の2つの種類がある。

口寄せ巫女は自身の肉体に死霊や神霊を憑依させ、彼らの意思を人々に伝える役割がある。別名シャーマンと呼ばれる。
沖縄ではユタ、東北地方ではイタコと呼ばれることもある。主に世襲制。

神社巫女は神社で神に奉仕する。伊勢神宮(三重県)の斎宮、賀茂神社(滋賀県)の斎院のように、古い時代から存在する。
神楽や湯立神事といった様々な神事に従事する。 巫女の舞う巫女舞は、神霊を憑依させ神態(かむわざ)を演じるという意味があった。
現在はそのような呪術的な要素は薄れ、厄除け・招福の意味合いが強まっている。太鼓・笛・銅拍子(どびょうし)などの伴奏で、鈴・榊・笹・扇・幣束など様々な道具を用いて舞う。

5/5 (1)

早めの資料請求・ご相談でお葬式費用が最大60,000円税抜安く

※資料請求(事前割申込)+
事前・式後アンケート回答の方

無料相談ダイヤルスタッフ
接客満足度No.1

些細なことでもお気軽にお電話ください

0120-541-705
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ※2019年 葬儀手配サービス調査より
    調査協力: 株式会社クロス・マーケティング
  • 緊急の方はこちら

まずは資料請求簡単45秒で入力

費用や流れをわかりやすくご案内します

資料請求する(無料)

かんたん入力45秒