山本“KID”徳郁さんの葬儀 格闘家仲間やファンとド派手なお別れ会

[投稿日]
2019年06月30日
[最終更新日]
2020年05月22日

山本KID徳郁 お別れの会
弱った様子を見せたくないという本人の希望により、ぎりぎりまでがんを公表せず、発表からわずか3週間あまりでの訃報にはファンならずとも、多くの人々に衝撃を与えました。
過酷な最期の日々や葬儀に関する情報はいまだに伏せられていますが、かわりにファンへの参列を呼び掛けた「お別れの会」が執り行われています。

ここではご遺族や関係者の「山本“KID”徳郁さん」への思いが溢れたスタイルになった、明るくド派手なお別れ会の様子をご紹介します。

山本“KID”徳郁さん プロフィール

山本“KID”徳郁(本名・岡部徳郁 おかべのりふみ)格闘家。
ミュンヘンオリンピックレスリング・グレコローマン日本代表だった山本郁榮が父親。
姉は元レスリング選手で現在は総合格闘家の山本美憂。
妹は元レスリング選手の山本聖子。(夫はプロ野球選手のダルビッシュ有)

来歴

1977年3月15日 神奈川県川崎市生まれ。幼い頃よりレスリングで活動。 高校時代は単身でアメリカにレスリング修行、3度アリゾナ州王者。日本に帰国後、全日本学生レスリング選手権大会優勝など数多くの実績を残した。

2000年格闘技に転向。「全日本アマチュア修斗選手権 ライト級」優勝。
2001年プロデビュー。
2005年HERO’S 2005ミドル級世界王者。
2004年K-1初参戦。
2004年モデルのMALIAと結婚(2005年男児、2006年女児をもうける)
2005年HERO’S 2005ミドル級世界王者。
2006年HERO’Sで開始4秒の左跳び膝蹴り一発で失神KO勝ち(対 宮田和幸)
2008年ジム「KRAZY BEE」主宰。以降、DREAMやUFCへ参戦。
2009年離婚。子供はMALIAが引き取る。
2013年頚椎ヘルニアなどを患い長期休養に入る。
2014年品川にプロデュースするカレー屋「Curry Shower」をオープン。同年、一般人の婚約者との間に女児誕生を発表。
2017年夏 次女誕生。
2018年8月26日、自身のInstagramにてがんの闘病中であることを公表。
2018年9月18日逝去(享年41歳)

山本“KID”徳郁さんの最期

2016年には胃がんが発覚していたといわれますが、公表せずに闘病のため沖縄へ移住します。
しかし症状が悪化し、2018年グアムへ移ります。
2018年6月頃には終末期医療を受けるための、緩和ケア専門施設(ホスピス)に入所していたようです。
最後はホスピスを出て、グアムのマンションで家族との時間を過ごして、家族に看取られて息を引き取りました。

2018年8月下旬にがんを公表しましたが、わずか3週間で訃報が報道されています。

姉の美憂さんは「亡くなるときも一緒にいたし、その前からも普通に話をしていました。だから、ほんとうに信じられないというか……。最後は家族みんなで、奥さんも、グアムのチームのみんなも『愛してるよ』と言って、『またすぐ会おうね』って。」 と、山本さんが愛する家族に看取られて旅立った様子を明かしています。

山本“KID”徳郁さんのお別れの会

ファンの参列を呼び掛けた、盛大なお別れの会

がんと公表したものの、病名やお通夜や葬儀、お墓等について、公に報道されたものはありませんので、密葬だと推測されます。

密葬の後、お別れ会

葬儀などに関する報道が一切出ませんでしたが、そのかわり四十九日にあたる2018年11月4日、東京都港区の青山葬儀所で「お別れの会」が盛大に執り行われました。

二部構成のお別れの会、ファンの献花も

第一部は午前11時から関係者のみで行われ、午後14時からは2部としてファンの人々が献花できました。

参列者のドレスコードは試合観戦

参列者へ向けては「試合観戦、応援に行くような服装で」とドレスコードも伝えられ、親族をはじめとした会を支えるスタッフ達も、山本さんのメモリアルTシャツ姿でした。

このメモリアルTシャツは参列者に販売(3,000円)され、すぐに着用しての献花が可能、というファンへ向けた配慮でもありました。

イメージカラーのイエローをメインに、迫力の花祭壇

青山葬儀所の受付前には、故人へメッセージを伝える寄せ書き台が設けられ、式場の中庭を囲む回廊には、山本“KID”徳郁さんの試合での衣装やグローブなど所縁の品々が展示されていました。

祭壇はイメージカラーの黄色を多用した花祭壇

祭壇はいわゆる「花祭壇」で、山本“KID”徳郁さんのイメージカラーの黄色を多く使い、所属ジムKRAYZYBEEのロゴマークにもなっている「二頭鷹」を中心に彩られました。

また、好きだったという南国の花、赤いグロリオサ200本とアンスリューム100本、ストレチア50本にデンファレ200本、緑のモンステラが200本。
そして菊が3,000本、カーネーション2,000本、トルコキキョウとバラはそれぞれ500本、
ヒマワリが150本。その他の花々も数百本使われ、目に残る華やかな祭壇です。

トロフィー、グローブ、シューズなど所縁の品々

そして「K1premium2006Dynamite!!」「Hero’s2007」「K-1WorldMAX2004」のトロフィー、ともに戦ったグローブやシューズも飾られました。
山本さん自身が描いたというイラストも3枚、並べられました。

遺影は年代の異なる3枚の写真で、中央に近影で、友人の写真家クロフィン氏が事務所で撮影したもの、他に2001年の格闘家プロデビュー戦、アメリカの格闘技団体UFCのもの。
格闘家として輝く姿が並べられていました。

第一部、関係者によるお別れの会

第一部の関係者によるお別れの会では、司会をお笑い芸人の増井歩さんが行い、全員で黙祷を捧げたあと、山本さんの軌跡を綴った映像が流されました。

親族代表の挨拶は父親の山本郁榮さん

親族代表の挨拶は父親である山本郁榮さん、そしてお別れの言葉を矢地祐介さん、魔裟斗さん、山本アーセンさん(姉の山本美憂さんの息子)、レスリング協会専務理事高田裕司さんらが送りました。
参列できなかった親しい方々からのビデオメッセージも流されました。
そして、ひまわりの花で献花が行われました。

参列者には武蔵、魔裟斗、須藤元気、那須川天心、南部虎弾(電撃ネットワーク)、桜庭和志、Zeebra、秋山成勲、内山高志、宇野薫、佐藤ルミナ、ハチミツ二郎(敬称略、順不同)など多くの方々が訪れていました。

第二部、ファンによる献花には約1000人

14時から15時はファンが献花できる2部で、大勢のファンがかけつけ、お別れの会全体では約1,000人が参列したそうです。
式場の駐車場には車体に山本さんへ向けたメッセージが記されたフェラーリやポルシェ、ランボルギーニなどの名車が約30台集結し、山本さんの最後の花道を飾りました。

山本“KID”徳郁さんの葬儀・お別れの形

弱い姿は見せたくないとしていた山本“KID”徳郁さんの意志を尊重するかのように、格闘家としての輝かしい姿とその時ともにあったゆかりの品々が飾られた「お別れ会」の会場。
交流のあった人々やファンの心に、ありし日の姿を強く刻むような式になったことがうかがえます。
最近はファンも焼香や献花ができる告別式やお別れの会が増えていますが、今回は多くのファンの参列を呼び掛けるという点で異例の会だったといえるでしょう。
山本“KID”徳郁さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

人生の最後を考える:終活のすすめ

著名人のお別れの形をロールモデルとして様々紹介していますが、
ご自身や家族が突然のお別れになってしまわないとも限りません。

ここからをよりよく生きるために考えることは年齢を問わず、ライフプランを考えるのと同様に大切なことと当サイトでは考えます。
終活は死に支度ではなく、ここからをよりよく生きる生き支度です。

どんな形で人生のエンディングを迎えたいのか、今一度思い描いてみませんか?
自分を含めて大切な人を大切にするためのエンディングノートを記すことは、人生のプランやキャリアの棚卸になります。

よりそうエンディングノート無料プレゼント

もし、ご自分やご家族の葬儀・終活・法要について興味のある方は、是非下記よりお問い合わせください。
こちらのサイトから「よりそうのお葬式」の資料を請求した方全員に、オリジナルのエンディングノートが無料プレゼントしています。
ご自身、ご家族様の終活の参考にご活用ください。

エンディングノートの目次は以下の通りです。

目次 内容
自分のこと ご自分の基本情報、健康状態、自分史およびルーツ
家族・親族・友人のこと 家族一覧、親族・友人一覧、その他の方の連絡先、親族表、家族・友人について
資産のこと 銀行口座、不動産、保険、年金、有価証券、その他の資産、借入・ローン
資産のこと 銀行口座、不動産、保険、年金、有価証券、その他の資産、借入・ローン
介護・医療のこと 介護、告知について
葬儀・お墓のこと 葬儀、墓地墓石に関して
遺産・相続のこと 遺言、相続について
その他 家族や友人へのメッセージについて

まだ評価はありません

早めの資料請求・ご相談でお葬式費用が最大60,000円税抜安く

※資料請求(事前割申込)+
事前・式後アンケート回答の方

無料相談ダイヤルスタッフ
接客満足度No.1

些細なことでもお気軽にお電話ください

0120-541-697
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ※2019年 葬儀手配サービス調査より
    調査協力: 株式会社クロス・マーケティング
  • 緊急の方はこちら

まずは資料請求簡単45秒で入力

費用や流れをわかりやすくご案内します

資料請求する(無料)

かんたん入力45秒